スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

僕とポーク

2008.01.25 *Fri
僕とポーク
ほしよりこ 著
日本
マガジンハウス

「ブーちゃんを何よりも必要としていたのは僕でした」
崇高(?)な信念から子豚を失敬した少年イサオ。子豚はすぐに養豚所へ返されるが、その日からイサオと子豚の長いお付き合いが始まった。表題作含む4編収録。


“僕とポーク”
この言葉の持つ脱力感、残酷さ(だってポークだよnotピッグだよ)がなんともなしにすっかりツボでした。じわじわ。
可愛らしさは猫村さんの方が断然上です。
だけど短い分こっちがすっきりまとまってますかね。
どの話もシュールなんだけど、それぞれ違ったタイプで面白かった。


それぞれのお話についてはネタばれつつ下に


ぶた pkkたろちゃん
たろちゃん可愛くねえなあw
いや、行動は自然な子供らしさがあってすごく可愛いんだけど。
なーんでたろパパ+ママだけあんなに疎いんでしょうか…
時代は追い越せないし、置いていってもくれないって言葉がさりげなく印象深い。

ぶた pkk僕とポーク
「僕はトンカツが好きだ」ていう扉が果てしなくシュール。
佐倉夕子、恐ろしい子!
あの会話の流れで豚食べたくなっちゃったって言える方も言える方だし、何かを感じる方も感じる方だ。
養豚所ファミリーがいいですね。なんでポークハイムは人気なのか…

ぶた pkk文豪の苦悩・・・・
ちいママ、かっこいいな!
夕子さんといいスケ子さん(含むの?)といい、この人の描く魔性の女はいい味出てますね。
ちなみにちいママの意味をつい先月頃知った私…チーマーのチーと同義だと思ってました…
ところでチンピラがマユミちゃんのもとに帰る危険性はないんでしょうか。
榊原雄山先生が可愛い。特にグルメってわけではなさそうですが。

ぶた pkk
なんだこの人間のおっさんのような鳥たちはw
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。