スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

どはんなり京都

2007.11.25 *Sun


燃ゆる都京都に行ってきました。
一年でも有数の混む日に行ってきました。
わかっちゃいたけど、なめてたね!何をするにも普段の倍時間がかかりました…
それでも紅の美しさには変え難く。


どっちゃり写真付きで続きます


まず荷物の行き場所からつまづくご一行。
コインロッカーがないのですもの…
ほんのり予想はしていたけれど、「京都市だってバカじゃないんだ、たくさんロッカーあるだろう」甘く見ていました。
確かにロッカーはたくさんあったけれど、鍵がどれも付いてないよ。
結局駅の預かり所にお世話になりましたけど、長蛇の列。
しかも並んですぐに「満杯ですすんません」の札が立ちました。危なかった。
ここで30分ぐらいロス。



ついにやってみてしまった舞・妓・体・験。
これ本当に写真撮られますねー。
芸能人て大変だなあ…とぼんやり思いながら散策。
室内でキャビネ写真も撮ってもらったんですが、出来上がるまでに1ヶ月かかるようです。
手元に届く頃には冷静。なのにフレームの中には妙に気分が乗って一生懸命ポーズとってる自分がいるんだよ…!
結構きつい罰ゲームです。

普通の小袖レンタルもやっていて、次回はぜひそっちをやってみたいなあと(懲りない)
着物で京都散策とかいいですよねえ…和装デートとかもううらやましくてよだれだらだら!



舞妓に仮装(…)中。白塗りでニヤリ


恐ろしいことに初日はこれとディナーで終わってしまいました。
ディナーは日本家屋を改造したフレンチレストラン。
きのこのスープに感激したよ。

京都の宿はどこも満室、新大阪のホテルに泊まりました。
そして井上真央の舞妓ドラマ『花いくさ』を鑑賞。
ちなみに観る際『花ごろし』と言い間違ってしまったんですがあながち間違ってなかったですよね。
すごいドラマでした。
峰子さんが段々芸妓というより任侠に見えなくもなかったですが…
視聴者が好きそう、と作り手が思っていそうな場面がもりだくさんで面白かったです。
昼は物理的な、夜は精神的な舞妓さんの苦労を知った一日でした。


 

2日目はまず貴船神社へ。
中心地よりは全然人がいなくて穴場でしたね。
ここは縁結びで有名らしいんですが、いわれによると
――妹を望んだ瓊々杵尊に、父親は姉もをと勧めた。しかし結局妹だけが召されたため、大いに恥じた姉は“それならば私はここに篭り、世の人の縁を結びましょう”と言った――(うろ)

なにこの悲話!!!(⊃д`)

父ちゃん何考えてるんだよ!
瓊々杵尊もこうなったらついでにもらっとけよ!(え)
普通こういう流れだと恋人たちを呪い殺す神とかになっちゃいそうだけど随分心の清らかな姫ですよね。
なんとも無言になるエピソードでした。



水占おみくじ。水に浮かべると結果が浮かび上がって面白いです。
“吉”を引いたんですけどそのわりに「いろゝと心まよひて時を失ふ」とか結構しょっぱいことばかり書いてありました。

絵馬もらんぶいのが多かった中に、予想通り呪い系のも混じっていていかにも縁結びの社らしかったです。



よくわからないけれど綺麗だったので。
多分カーリーみたいなひとが作ったんだと思います(適当な)
このあたりは夜間ライトアップされてたみたい。綺麗だったろうな~。




続いて建仁寺へ。
なんでこんな茨の中なのかはわかりません。

 

もうとにかく感嘆の声、というか奇声を発することしか出来ない私達。
頭の中はもう『My Favorite Things』しか流れません。完全にJRのCMの世界。

お茶室で茶席が開かれていて、薄茶と桑茶という桑の葉から出来たお茶を頂いてきました。
こんな由緒正しいところ、しかも2席で1000円て、すごく安いですよね。
桑茶はクセがあるかも…と言われたんですが、香ばしくておいしかった。
小さい女の子がお運びしてくれたんですけどもんのすごい可愛かった!
ちまちまっと来てぴょこんとお辞儀されてとろけた。



お薄の席のお道具達。実際はどんどんお茶とお菓子が出てきて~て感じでお手前は見られなかったんだけどね。
水差しがすごく綺麗な色だった!青みが強い翡翠色というか…あんなの初めて見ました。
お軸もここのご住職が書かれたみたい。いいなあこういうの。



箱庭の紅葉は残念ながらこれからという感じ?




夜は祇園でひきあげ湯葉御膳。
別に湯葉は好きでも嫌いでもなかった(あ、でも居酒屋のいろいろ巻いて揚げたのは好き)けれど出来立ての湯葉のおいしさにくらり。
湯葉の天ぷら、お刺身と湯葉づくし。
翌日、見た目は変わらないけれど洗顔したときにちょっと手の感触が違ってイソフラボンボン!と感じたり。
だけどあの量の湯葉を毎日は無理だなあ。




最終日は天龍寺へ。

 

やっぱり奇声ばかり。
見るとこ見るとこ撮影スポットで全然足が進まない…



渡月橋は折れんじゃないの??てぐらいの人でした。欄干が見えない。
景色にうっとりしつつも、あまりのボートの数に苦笑。
よくこれだけボートあったな…


桜の京都は何回か行きましたが、紅葉の時期は今回が初めて。
ありえない混雑だったけど行ってよかった!学生時代にも平日とかに行っておけばよかった~。
そぞろ歩いてみて着物に目覚めそうです。
安いところなら一式で2万かからないみたい。そわそわ(また金のかかることを)…

しかしあれですね、京都は憧れるけど住むのは大変だあね。
CATEGORY : Trip
THEME : 京都旅行 / GENRE : 旅行
DATE : 2007/11/25 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。