スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

帝都物語

2007.11.22 *Thu
帝都物語
荒俣宏 著
日本
角川書店

明治四十年、一人の鬼が帝都・東京に侵入した。目的は東京をその髄まで破壊しつくすこと。鬼の名は加藤保憲。鬼がある不幸な兄妹と出会ったとき、千五百年の怨念を背負った帝都破壊は開始された。
いつもにましててけとうv ジブンデヨンデネ!


Q1.この作品読むのに何ヶ月かかりましたか?→約4ヶ月ですテヘペロリ
Q2.どうしてそんなにかかったのですか?→通勤電車で寝まくっていたからです
Q3.なんで寝てしまうのでしょうね?→スケールでかすぎて脳のキャパシティーを超えてしまったからです

やっっっっっと終わった! て感じです。
上記のようになかなか進まない読書でしたが、終盤は「加藤との年越しは避けねばならぬ」の一念でがんがりました。
でも読んだはしから忘れていくし。

もう面白いかどうかとかそういう問題じゃなかったです。
無駄に ストーリーが壮大で登場人物も多すぎて。
明治~大正のお話だと思ってたのに最後2004年までくるとはね!

実在の人物や史実を絡めてあるのは大変臨場感をもたせますが、いかんせん登場する文豪達の作品は数本しか読んだことないわ近代日本史は(も)からきしだわで大変。
…そういやもうすぐ憂国忌ですね。なんともいえない気分。

恐怖を感じたのは昭和60~70年代の“開放”云々エピソード。
なんとなーく『20世紀少年』を読んだ時感じた空恐ろしさと通じるものがあるかも。
それ以前になるとわけがわからないのと時代が昔ということでちょっと遠い出来事という印象を持ってしまっています。
すでに読んだ記憶としても遠いしな(´-`)


一番心を動かされたのは学天則のエピソードかも。
それもこの話の感想としてはどうだろうというあたりで隠してつづくよネタバレよ

あ、新装版文庫読む方へアドバイス:
登場人物紹介とまえがきは各巻の冒頭にあるけれど軽くネタバレしてるから先に読まないほうがいいですよ


トマーゾやらドルジェフやらなんだかすごそうな人たちってそのすごさのわりにさっさと敗れていった感が…
いやドルジェフとの闘いとかはものすごいものもあったけれど、その能力に対してあっけない感じがしたものです。
まあ魔人は加藤一人で十分だよって気もしてたんだけど。

そんなトマーゾが聞いてしまった世界の秘密とか、房子て結局なんなのとかそういった微妙な疑問が残るんですが。
私がバカなだけ?


由佳理は不幸だし、間違っても彼女のような一生を送りたいとは思わないけれど、彼女には兄との恍惚とした時間があれば多分それでよかったわけで、そういう時間はなくもなかったわけで、ハタ目よりかは幸せだったのかなとか思います。
むしろ周りの人が大変そうすぎでした。

その周りの人の一人、雪子ですが、よくあの出生・環境でまともに育ったよね…
幼少期の黒少女っぷりが嘘のよう。
幸田・鳴滝のおじさまのおかげかしら。
鳴滝…本当にかわいそう(ノд`)この話で一番不幸なんじゃないか?

洋一郎はすごい。
何がすごいって清めるつもりで妹をってのがすごい。
どういう発想…凡人には理解不能です…
それが兄心ってもんなんですか?(・ω・`)


恵子はすてきね~。
凛々しい。聖女。
加藤とのツンデレがよかったです。
でも恵子は戯れにも“加藤恵子”と名乗ったことは一度もないんだよね。
むしろ辰宮を名乗ることも結構あって。
加藤との関係は一般的な夫婦関係とは全然違ったんだろうけど、この辺妙に興味深いなと思いました。

あえて加藤に触れずに終わるんかって感じですが、触れずにっていうより触れられずにっていう方が近い気がします。
やることなすこと果てしなさすぎて。
どんだけ顔長いんだろうねとかどうでもいい疑問だけ残して終わろう(え)


…とにかく、読破したことが大事なんです。きっとそうなんです。

あ、あと死霊を抱き浄化するという桜の扱い方は好き。
上から見られるのを好まない、だからよく墜落事故が起こるとか。
綺麗すぎて不吉っていうか、なんだろうやっぱり桜と死(体)て切り離せない存在なんですかね。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

おっつデース
やっと読み終わったんだねw!
(●´∀`)ノ+゜*。゜喜+゜。*゜+

大分苦労してたもんね…。これからは己の好きなものを存分に楽しむがいい!いまワタシ『トリスタン・イズー物語』読んでるんだけど、なんとなくコレはあなたにオススメしたい。なんとなくだけど。
2007/11/24(土) 00:24:21 | URL | ミチヲ #- [Edit
>ミチヲ
ありあっと(´・ω・`)やっと解放されまった。
今は無事久々に臓物の飛び散らないものを読んでるよ!
でもこれもちょっと微妙な予感だw

よくわからないけどオススメというならぜひ読みたい。あ、でもミチさんの私物じゃないのかしらーん
2007/11/26(月) 21:38:40 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。