スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

マクベス

2006.10.17 *Tue
Macbeth
ウィリアム・シェイクスピア 著
イギリス
福田恆存 訳
新潮社

スコットランドの武将マクベスは三人の魔女より「いずれ王になられるお方」と預言を受ける。彼の武勇を称えながらも我が子に王位を譲る国王ダンカンの発言に預言の実現を危ぶむマクベスは王をその手に掛ける。その日から彼の亡霊・寝返りに怯える日々が始まる…


無理矢理預言を事実にしてしまう、もはや預言が預言でない状態は
『源氏物語』の明石中宮のくだりを思い出しました。
振り回されてる…

でも預言という形で約束されていないと行動を起こせない弱さ。
解説の「義務であるかのように」という表現はわかりやすいなあ。

王位を望んではいるくせに手を下す勇気はない。
そして王を殺害した後の後悔は良心の呵責というよりは復讐への怖れ。

最悪だ…(´д`)
まあそれを責められるほど出来た人間ではありませんが。
むしろとっても人間臭くて、そこが魅力でもあるし近親憎悪的なものも感じる。

過分な願いは不幸の元と知れ って偶然読んでる新聞の運勢欄に発見しまして、ああなるほどって。


身につまされるというほどではないんだけど、なんだかむむむと考えてしまう。


それにしても「女から生まれた人間」云々のとんちはいまいち理解できませんでした。
“股”とか付いてたら別だけど原語にも付いてない…?

以下微妙なネタバレを含みますよ。


こんな旦那よりは行動力があって、そして夢遊病に冒され自分の手で散ってゆく夫人のほうが潔くてまだ気持ちよかったり。
『モンテ・クリスト伯』のヴィルフォール夫人、
彼女はマクベス夫人のエッセンスを含むとよく言われていますが個人的にはあまりしっくりこない。
家族のために自分の手を染め、果ては自害ていうところは共通項ですけど
最期に至るまでっていう大事な過程がそんなに似てるとは思えないなー。

だからなんだよってつっこみたくなるところでこの記事終わりたいと思います(逃)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。