スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ミルコのひかり

2007.09.19 *Wed
Rosso come il Cielo
クリスティアーノ・ボルトーネ 監督
2005年 イタリア 100min

シネ・アミューズ ウエスト
129s DS/SR


1970年、トスカーナ。ミルコ(ルカ・カプリオッティ)は腕白なごく普通の少年だったが、銃の暴発により視力を失い、盲学校への転校を余儀なくされる。慣れない生活と規則にふさぎがちだったミルコだったが、テープレコーダーに触れることにより音の世界に魅了されていく。


まずここで大事なのは、“当時のイタリアでは、盲目の人間は普通教育を受けることが出来ない”ということ。だそうです。
物理的にも不便なのに、この慣習がさらに本人・家族を苦しめたんでしょうね。
語弊怖れずにいえば臭いものには蓋をしろ方針じゃないか。
今の日本を含めこの辺てきっとまだまだなんだろうなあ…

ミルコの視力を再現された時あまりの衝撃と怖さに泣けた。
同時に自分の想像力の欠如にちょっと嫌気がさしたり。
100%彼の障害を理解してるつもりなんてなかったけど、こんなにもわかってなかったのか!と。

手を振るタイムラグ、電気をぱちぱちして「壊れてるよ」、そして誰も責められないことすべてがもう苦しい。
両親も後悔でいっぱいだろうな。
母子のシーンとか胸が詰まる。。


ただ悲観的な話ではなく、全体的に眩しい。
子供たちかわいいなー。「危ない橋を渡らせる奴だ」てかっこよく言うなよw
実際に目が不自由な子たちを多くキャスティングしてるみたいですね。

フランチェスカ(フランチェスカ・マトゥランツァ)がほんとかわいい!
あの小さな恋人同士のシーンはすごくドキドキしてしまったわあ。
甘いんだけどどこかベテランカップルの風情を醸し出してたねw


規律VS自由、いかにもばっちり対立でちょっと…というか校長の葛藤のようなものも見てみたかった気はします。
だって彼の主張することもある意味真理だし。
それにしても神父(パオロ・サッサネッリ)はステキ。
“手紙を書く”シーンいいね。

そして劇は本当に素晴らしかったです。
音の魔力を見せ付けられた。
ちゃっかりミルコがいい役やってるのもよかったw

原題は「空のように赤く」という意味らしいですよ。
一言二言しかそういう話してなかったけどな。
でもあの色の話は綺麗で好き。
そういえば私の記憶が確かならば、「字幕:岡本太郎」さんらしいんですけど…!びっくり。またすごい人と同姓同名…どうでもいいですか。
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

 2005年制作のイタリア映画、ミルコのひかりを観てきました。
2007/09/28(金) 04:05:34 | よしなしごと [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。