スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

かわたれの街

2007.08.11 *Sat
かわたれの街
勝田文 著
日本
白泉社

豆腐屋の娘・木菜は極度の料理下手。腕を上げるべく通っている料理教室の穂波先生に恋をしている。しかし彼は取得といったら料理だけ、バツイチな上前妻に未練たらたらのダメ男だった…


まだまだフェアは継続中のようです。

正直あまり期待してなかったんだけど結構よかった。
ほのぼの~とお話進みつつも今作は木菜の恋路ゆえ常に切なさがつきまとう。
それでも温かな空気と笑いが随所に鏤められているのはすごいなあ。

最初はちょっと文字の量が多い場所とか疲れちゃったんだけど、料理に関する薀蓄もうるさく感じちゃったけど、2回目読んでみた感じはしっくりきてかなり高評価です。
料理どれもおいしそうだよな~。
キャラウェイのクッキー、がなんかかわいい。
この時点でそう重要ではないけれど、とある伏線も出ててちょっと感動しました。


元夫婦のだめっぷりも木菜のまっすぐできらきらっぷりもどちらも好き。
先生の木菜に対するお返事、正直すぎて逆に好感が持てるよw

相変わらず脇キャラもいいです。
魔女ほのか嬢も同級生のはずなのに先生より大分老けてる大岡店長も妙に渋い竹大くんも。
続きを読みたくなるなあ。
竹大くんの存在がもっと大きくなった続きを。
ラストの豆腐屋小町な木菜ちゃんかわいかた。
このフレーズで真っ先に『故郷』フラッシュバックした自分をちょっと賢いと思いました。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。