スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

あいびき

2007.07.31 *Tue
あいびき
勝田文 著
日本
集英社

バツイチの鞠は実家に戻り家業「山の湯」を手伝っている。そこへ弟・庸一の友人である近藤が転がり込んできた。町の小さな銭湯で繰り広げられる小さな、様々な人間模様。


勝田文フェアなんですかね自分。
「銭湯にあるのはマイナスイオンだけじゃないんだな…」(p22)て台詞がお気に入りw

やっぱり絵がかわいい。そしてお話も地味に好き。
これから何度か読み返してまた見方変わるんだろうなあ。乾物的な作品なんだろう。
ていうかごめん『Daddy Long Legs』で受けた衝撃(主成分:ときめき)が強すぎてしばらく他のは…真っ当評価出来ませんw
一応舞台はどれも現代日本だけど、ちょっと古っぽい感じが素敵だし、そういう時代の作品の方が得意そう作者さん。

表題作はいまいち何を描きたかったのかという思いも、タイトルはどういう意味?という思いもあるけれどキャラクター、舞台、雰囲気がいい。
意図を正確に掴めてるとは思わないけど話も好きなのよ。


一番好きなのは『木俣くんの手品』。
パパ良すぎ…
Daddy~ の秘書さん、教授といいこの人のおじさん可愛すぎる。
おじさん予備軍?の木俣くんもいいよ!素敵!


(20090418追記)
たまきちゃんて木俣くんと結婚すると冗談みたいな名前になるんだね!
と、今さら気付いて妙な興奮を覚える15(+α)の夜。
CATEGORY : 漫画
THEME : 感想 / GENRE : アニメ・コミック
DATE : 2007/07/31 (Tue)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。