スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

あしながおじさん

2007.07.30 *Mon
Daddy Long Legs
ジーン・ウェブスター 著
アメリカ
松本恵子 訳
新潮社

同シリーズ:『続あしながおじさん』
漫画:『Daddy Long Legs』

孤児のジルーシャは文学の才を認められ学資援助の誘いを受ける。条件は月に一度、名も知らぬ後援者へ手紙を書くこと。ジルーシャは垣間見た後援者の後姿と影から、彼を「あしながのおじ様」と呼び学校生活を綴った手紙を送り続ける。


勝田文『Daddy Long Legs』のときめき冷めやらず、原作購入。
読んでた本ほっぽってギラギラ読んでました。
うーん、やっぱりいいわあ。


わりとネタバレな気がするんで隠しで


西洋版「若紫」という印象を持っていたんですが、なかなかどうして。
ジュディの信念とか、幸せな生活の中でふと思い出す過去の苦悩とかも入っていて現代女性て感じがする(完全ジュディの一人称なので勝田版より自己主張も強い印象を受ける)し、ピュアな恋物語と思うね。
ただそれは勝田版を先に読んだからだとも思うんだ。
原作ではおじ様の心のうちは分からないから、最初からジュディを掌中に留め置くこと目的にも見えるかもな。
想像力の乏しい私のことなので、先入観と相まってきっと若紫モードで読んでたかも。危なかったなあ。

勝田版から入ったので大どんでん返しの衝撃を真っ当に喰らえなかったのは残念。
ジュディの何倍も鈍感な私、絶対最後まで気付かなかった自信あります(´д`)ノそしてドン引きしてたかも

だけど前述のnot若紫の方が重要だわ!ということで。
楽しい小説だったけれど、あくまでも私の中では勝田版が基本に、原作はその補足になってしまいました。
本当うまく料理されたと思う~。


最後の「どうかご助言を」の手紙から「最愛の~」のあの唐突な落差と、おじ様の心のうちはわからない、という2点が小説としては面白さを増していると思う。
けれど漫画版の、お互いに苦しい胸のうち、そして初めておじさまとお会いするあの場面をリアルタイムで追ってるのがいいのよね~。
ああ、本当ほっくほくになる。

そして小説より漫画の方で言いたいこと出てきてしまったので追記しやした。よろしければどぞ。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。