スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

Io amo Italia ―カプリ島

2007.03.23 *Fri
実はまだ続いてますイタリア旅行記5日目。
何ヶ月前の話だよとかは聞こえない方向で。

(20070714UP)





まずはナポリの港からカプリ島へ出発。



トイレの行列(7~8割日本人)がすごくて焦る。
到着しても船から出られないかも…というありえない心配をするはめに。

さて、島に着いてすぐ、今度は小型のフェリー?に乗り込みます。



島の周りは全体こんな感じ。
ここから、さらに4人ぐらいしか乗れない小船に分乗、ついに…







青の洞窟!!!
んもーこれには大!感!!動!!!
正直、当初はこれそんなに目的ではなかったんです。
これが入るツアーを別に選んでなかったってぐらい。
必ず観られるものじゃないっていうし、観れたらラッキーぐらいにしか思ってたんですが。
言ってしまうよ、人生一度は観るべき!!
ぜひ自分の目で観ていただきたいです。

 

フラッシュたけない上に船上なのでうまく撮れないのねー。まあこれも幻想的ということで。
写真はポストカードにまかせてもっと網膜に焼き付けておけばよかった!という思いと、それでも自分が実際行って、観て、撮ったのよっていう思いと両方あります。



ちなみにフラッシュたくとこんな感じ。


洞窟出て、そのまま島を一周するようなコースをいってもらいました。
お金持ちの別荘とかもちらほらり。



鍾乳洞。
中央に自然が造ったマリア様の像と呼ばれるものがあります。



恋人たちがくぐると幸せになれるトンネルだそうな


興奮覚めやらぬままお昼。
そういえばご飯の話ってしてませんでしたね。
イカスミパスタとかピザとか食べてたんですよ。
ツアーってことであんまり期待はしてなかったんですけど、普通においしかったです。
食の好みが近いのか、単に観光者用なのか。



この白身魚のお料理が、なんか無性においしかったんです。
素朴な感じだけど、ちょっとしょっぱめだけど、もりもり。
この前にリゾットがそれなりの盛りで来てたのに両方とも完食しちまいました。
というか基本的に完食の旅でした。もりもり。

ちなみに後ろの白っぽい飲み物はレモンジュース。
まさにレモン大主張といった感じですっげすっぱかったけどおいしかった
一応甘さ調節のために砂糖が付いてた(だからスプーンが付いてる)んですけど…溶けるわけないと思う。




港の街並み。かわいすぎおされすぎ。
CATEGORY : Trip
THEME : ★イタリア旅行★ / GENRE : 旅行
DATE : 2007/03/23 (Fri)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。