スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

笑う大天使

2007.06.26 *Tue
笑う大天使
川原泉 著
日本
白泉社

映画:『笑う大天使』

元伯爵家の血を引くも庶民として暮らしてきた史緒、成金令嬢の柚子、生まれも育ちも高貴でありながら庶民の感性を持つ和音。彼女らは名門・聖ミカエル学園で猫をかぶりつつ過ごしてきたが、ある日お互いの秘密を知り親しく付き合うようになる。その時から、3人にとって苦痛でしかなかった学園生活が変わり始めた。


各所で映画版のレビューを見るにつけ「原作>>>>>映画」な感じだったのでほへぇどんなもんですかいと読んでみました。
うん、心底この順番でよかった。
原作読んでしまっていたら映画版は…まあそれなりに楽しめたかもしれないけど、この話の実写版とは認めない!と言いたくなりますよ。
な~んでこのタイトル冠しちゃったかな?みたいな。(苦笑)
あ、史緒さんの母が森江賢一を愛読していたというのはよかったけど。


川原泉の漫画は初めて読んだんですが、すごい博識だな~という印象を受けた。(お前が物知らないだけだろとか言わないこと)
個人的に爆笑、というのはあまりなかったと思うけどニヤニヤしながらどんどんページを繰ってしまうような感じ。
あのゴシック体のつっこみ調なナレーションがなんともいえません。

番外編もね~、もはや“猫かぶりお嬢様”の設定が全く用無しになってた点は残念に思ったけど面白かった。
『オペラ座の怪人』では不覚にも涙…弱いんですああいうの。
でもタイトルと全然関係ないよねぇ。
『夢だっていいじゃない』の兄妹愛にもじんわりくるものがありましたけど、これは実際どうなんだろ?
婚約者様の本心は知る由もないけれど、殿下に禁断のあの一言、って普通の彼女なら当然の願いじゃないのけ?…なんて。
『空色の革命』和音さんのご両親のお話すきだーー。

それにしても、ここの生徒ってお嬢様のわりにちゃんと漫画読んでらっしゃるのね~。
オスカルはともかくクラスメイトにケンシロウってあだ名付けるか??(笑)

そして、“コロボックル”についてあまりよく知らなかったので調べてみました
(イメージ参照元:Wikipedia
…あんまりじゃね?

ちょっと『ポーの一族』を読んでみたくなりましたところでこの記事終わり。
あ、あと制服こっちのが好きです。お嬢様は出し惜しみしなきゃいけません!
CATEGORY : 漫画
THEME : 感想 / GENRE : アニメ・コミック
DATE : 2007/06/26 (Tue)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。