スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ドリアン・グレイの肖像

2007.06.15 *Fri
The Picture of Dorian Gray
オスカー・ワイルド 著
イギリス
福田恆存 訳
新潮社

美青年ドリアン・グレイは画家バジルのもとでモデルを務めていた際、ヘンリー卿と出会う。皮肉と逆説に満ちた快楽主義者の卿に魅了され、ドリアンもまた享楽の世界へと身を落としていった。しかし罪悪に手を染めるほど、バジルより贈られた彼の肖像画もまた刻々とその姿を変えてゆく…


こっこわかった~。ホラーだよ!

ヘンリー卿の逆説はとても面白いと思った。
「誘惑を除きさる方法はただひとつ、誘惑に負けてしまうことだけだ」(p43)
をはじめとして、ほんっとーうにウィットに富みすぎてるんだけど、「ああ、一理あるかも…」とちょっと思ってしまうことを、よくもまあこうスラスラと。
確かに社交界ではおもてになりそうね。実際に身近にいてほしくないですけど。
壮年期はともかく何十年も言い続けてほしくないですけど。こんなことばっか言ってるおじいちゃんやだよ!
あ、『理想の女』のコピーはこの本が元ネタだったんですね~。

ドリアンを堕落に至らしめた本が実在することを読み終わった後で知りました。
気にはなるけど…読むの怖いねw
積読が相当たまってるのでどっちにしろまだ先ですが、少なくとも本に毒されない程度に大人になってからにしようと思います。

そう考えるとドリアンは相当なガキですよね~。
年若いとはいえハタチなんだから わるいおとなの においぐらい かぎわけなさい!


冒頭のノリがホモくさくてなんだかなあ、と思ったけど気のせいじゃないぽいですね。
しょうがないんですかね。


以下ネタバレしながらちょっとしゃべるあるよ


ウィット大会に終始すると思いきや殺人まで犯すとは!
それに対しての良心の呵責もほぼないしな。
『300』帰りの電車で殺人の後処理のシーンを読んだもんだから血生臭さ倍増…

最後も、壮絶。
「指環を調べてみてはじめて、人々はこれが何者であるかを知った」(p421)
バジルのときもそうだけど、この死人に対する突き放した感じがなんとも無慈悲で残酷。
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

もう何年も前に読んだなぁ。内容覚えてないけど、O・ワイルドがホモってだけはなぜか覚えてる(笑)
2007/06/23(土) 00:14:23 | URL | ミチヲ #- [Edit
>ミッチー
そういうどうでもいいことに限って頭離れないよねw画家があまりにもドリアンに惚れすぎてて導入部で挫折しそうになったよi-195
2007/06/24(日) 18:40:22 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』「面影の 変わらで年の つもれかし たとえ命に 限りあるとも」と詠んだのは小野小町ですが、男女を問わず、永遠の若さには誰もがあ...
2007/10/18(木) 17:27:42 | 徒然 [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。