スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

黒衣の騎士との夜に

2007.06.10 *Sun
Mystique
アマンダ・クイック 著
アメリカ
中谷ハルカ 訳
ヴィレッジブックス

両親を亡くしたアリスは冷酷な叔父のもとで辛い毎日を送っていた。ある日彼女は従兄弟からとある石を贈られる。ほどなくヒューという騎士が現れ、石の所有権を主張するが石は既に何者かに盗まれていた。アリスは自分と弟の幸せのため、“非情なヒュー”の異名を持つこの騎士と石をめぐり取引をする。


きゅんとしたくて読んでみたけどあんまりきゅんとしなかったw
面白かったと思うけどどうも読み返し力はわかないかな。

なんかこの作者さん、女性の魅力を香辛料に例えるの好きだなあ。
あと好きな色は緑色だと思うよ。
というわりとどうでもいい情報を得たところで終わってしまった…
それにしても、ああいう言葉たちで中世の女性たちはときめいていたんですかね。ううむ。

何より、非情非情と散々いわれてるのに、肝心なところはすべてアリスの言いなりになっているヒューが全く非情に見えないところがアーハー(´-`)

ラストの洞窟のシーン(ラブシーンでなく事件の顛末)は中々ドキドキしました!
キャサリンかわいそうだなあ(ノД`゚)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。