スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

永遠の夫

2007.05.26 *Sat
Вечньій Муж
フョードル・ドストエフスキー 著
ロシア
千種堅 訳
新潮社

ロシアの高等遊民ヴェリチャーニノフの周りに、喪章をつけた謎の男が現れるようになった。独特な印象を受けた彼は、男の出現が重なるに伴いいらだちを隠せない。ある日の深夜、二人はついに直接対面することになった。男はトルソーツキイ、かつてヴェリチャーニノフと愛人関係にあった女ナターリヤの夫であった…


永遠の夫:妻に愛人がいても気付かない、気付いても何も出来ずにいる男。万年寝取られ男
だそうです。

ということで毒婦とそれに絡め取られた男たち、という昼ドラ的展開を予想していたんですけどさすが文豪ですねそういうのは書かないんですね。
哀れで滑稽なトルソーツキイ。
もうこいつおかしいよ病んでるよていう行動ばかりで胸を突きます。
復讐したかったのか、許したかったのか、ただ泣きたかったのか。
「一緒に泣きたかったのか?」というくだり、ぐっときた。

なんかある意味『罪と罰』より難解だったかも。
男女の機微というよりは性別を問わない、この世に長く居過ぎてしまった人間の哀愁みたいな感じがしました。
結局よくわかってない気がする。


ザフレビーニン姉妹の描写がちょっと好きかも。
『ヴァージン・スーサイズ』や『本格小説』…とは似てないんだけど、近いテンションを感じてうふふな私はやっぱり少女趣味なんだろうか…
COMMENT (1)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

スフレたちが、よ
スフレたちが、よく人間とか、大きいこいつとかつけた

千種で
新潮社
ロシアとかを対面しなかった。


2007/06/02(土) 10:08:38 | URL | BlogPetのスフレ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。