This Archive : 2010年11月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

巌窟王

2010.11.23 *Tue
巌窟王
前田真宏 著
有原由良 脚本
アレクサンドル・ドュマ 原作
日本
講談社

アニメ:『巌窟王』
小説(原作):『モンテ・クリスト伯』

青年貴族で親友同士であるアルベールとフランツはルナのカーニバルにて謎の紳士モンテ・クリスト伯爵と知り合う。彼の禍々しくも神々しい魅力に強く惹かれたアルベールは、カーニバル中遭遇した危機から救ってもらった恩もあり伯爵をパリの社交界へ紹介することを約束する。退屈な日常からの変化に胸を高鳴らせるアルベールだが、この出会いは偶然などではなかった。

いまだに自分内で伯爵フェアなため、怖いもの見たさでどくしょ。
上のあらすじのとおり、冒頭はアニメ巌窟王と同じですが、どんどこアニメからも原作からもランナウェイしていきます。
…画も演出も好きなんだけどなあ。
全3巻て時点で期待もそんなにしてなかったのでそれほどダメージもないんですが、なにがいったいどうしてこうなった
怒ったり嘆いたりする気力も湧かない。
これ“原作:『モンテ・クリスト伯』”って書いてていいのかな(笑)


以下ネタバレ?もちょっとまじりながら、でもテンションは上と同じ感じで続くという不毛地帯
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

なんて素敵にジャパネスク 10巻

2010.11.22 *Mon
なんて素敵にジャパネスク 人妻編
山内直実 著
氷室冴子 原作
日本
白泉社

9巻感想
11巻感想

う~~~ん、どうしてももたもた感というかテンポの悪さを感じてしまいます…
瑠璃姫のモノローグが親切すぎるというか。展開知ってるから余計かな。
もうちょっと年齢層高い雑誌に掲載の方がよかったのかも。大きなお世話ですね。
あと「――ああ…!」て表現は独身編のときのが好きだったなあ。回顧厨といわれればそれまでなんですが。


でも話進むにつれてなんだかんだのまれてしまいました。
やっぱり壮絶。「わたくしさえ大人しく入内していれば…」はくるなあ(ノд`)

顔を見るのは10数年ぶり、というのは絵に表されてよりずしんときたかも。
運命を嘆かずにはいられない。
ふう、いよいよ次11巻で終了か!?しっかり見届けなければ!!
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

モンテ・クリスト伯 ―再読メモ

2010.11.19 *Fri


通しでの再読は初めてだな。実に4年ぶり…月日が経つのは早いです。
『赤と黒』終盤読んでたらなぜか猛烈に読みたくなったので。
うあ~やっぱり面白い!!!

興奮と同時に自分の忘却力にもかなりおののきました。
エドモン失脚にナポレオンが関係してたなんて映画版で「あ、そうなの?」とか思った気がするし(…)
それはそうとして序盤はたるかった記憶があるんだけど、ナポレオンは赤と黒でも(過去の人物でありながら)触れられていたり、今回は舞台背景や読解やらネットにちょいちょい助けられての読書だったので最初からわっくわくで読めました。
2回目でこんなに楽しめるの!?てぐらい楽しかった。ホゥ…満足。


以下、とりとめなく、無駄に長く、べしゃる
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

香水瓶の世界

2010.11.14 *Sun
きらめく装いの美 香水瓶の世界
東京都庭園美術館
ドレスコード:「バラの装い」

当たり前だろ!ですが んまーなんて繊細なお仕事!!とため息せずにはいられない。
やっぱり香水は瓶込みで商品というか作品だなあと思いました。
他の化粧品はその辺のコスト下げて安く売ってほしいとか思いがちだけど(苦笑)
あ、でもポスターに力を入れてその分低コストの瓶でも売り上げを伸ばした商品とかもありました。おもちろい。


宝石やら細工やらまばゆすぎてくらくら。
ブシュロンの《香水瓶》なんていかにもお貴族さまのもの、って感じ。
ネセセールにもときめきました。
古代からすでに特別なものだったというのも興味深い。
ところで気付け薬入れも結構あったんですが、中世の女性ってそんなに貧血とか起こしてたの?

で、やっぱりラリックですよ。ふんわり夢の世界。
《サン・アデュー》みたいな幾何学的なデザインのものも面白かったけどやっぱりロマンチックなやつ、いいなあ。オパルセントガラスが美しい。
モチーフはやっぱり花や女神、精霊が多いんだけど昆虫とりわけ蝉にはびっくり。
瓶のモチーフってだけじゃなくて香水の名前でもあるんだからね…!一体どんな香りなのか。

上にもちょっと書いたけどポスターもおしゃれなものばかりで見とれてしまいます。
ほんとクリエイターって憧れる。どうして私にはセンスがないのか。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
20
21
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

10 | 2010/11 | 12
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。