This Archive : 2009年07月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

小公女

2009.07.30 *Thu
A Little Princess
フランシス・ホジソン・バーネット 著
アメリカ
伊藤整 訳
新潮社

19世紀、インド生まれの少女サアラは7歳の時にイギリス・ロンドンの女学院に入学、寄宿舎で生活を始めた。愛する父と別れた寂しさを抱えながらも豊かで幸せな生活を送っていたサアラであったが、11歳の誕生日に父の訃報と破産を告げられ、特別待遇だった生活が一変する。


サアラ…古めかしい表記だ。
このこすごいよ!!
幼さを抜きにしても苦境の中誇りを失わずに生きている姿は文句なしにかっこいい。
まさに公女さま。妄想もここまでくれば立派
気の持ちようでこんなにも周りの景色を鮮やかに出来るというのにははっとさせられます。
そんな中、ごくごくたまに、弱気なところを見せるのも胸に来る。
誰が責められようか。

幸せの転機は世間狭すぎだろというつっこみは野暮というものです。
たとえ大人向けでもこんな子が幸せになれないエンドはヤダヨー。
(それを考えると『マッチ売りの少女』とかひどい話だよな…)
おとうさま、もう少しねばれれば…


余談になりますが、「女中奉公をしても公女さまでいられるように、サアラは教養―たとえばヘンリイ八世が六人ものお妃を持っていたことなどは忘れないようにしようと心に決めた」的な文があってニヤリでした。
つくづく教育に悪い史実だ…


本作を読もうとしたきっかけは以前ちらっと観た名作アニメの特集かなんかで流れてた『小公女セーラ』の一場面。
すでにセーラのパパンは亡くなっている状態で、いじめっこラヴィニアがセーラを自分付きの女中にしてやろうとするところ。
もちろん断りたいけどそんな権利はないセーラは「承ります」と答えながらも「ラヴィニアがかつての学友を女中にしたいと言うのなら」みたいなことをちゃっかり言い添えます。
あわれラヴィニアは常識人のラヴィパパにこの恥知らず!と折檻されて女中のお話が反故になるエピソードでした。
そのしたたかさに惚れた。

…ので楽しみに読んでたらアニメオリジナルエピソードだったみたいでこんな場面に差し掛かることなくサアラは幸せになってしまいました(しまいましたて)
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

さよなら私たち

2009.07.28 *Tue
さよなら私たち
香魚子 著
日本
集英社

西暦2025年、一般的ではないもののタイムマシンの存在が常識とされ近未来のニュースも知ることが出来るようになっていた。高校生の原木悠は入学式からずっと好きだった乾真一に告白しようとするが突然避けられるようになってしまう。翌日、傷心の悠のクラスに未来人と名乗るテスラが“時空留学生”として現れる――『時をかけるまえに』含む5編の短編集。


中2病 という評判も見ていたので不安もあったものの、結局読んでしまいました。
そんな覚悟があったせいか(笑)思っていたより良かったです。
思春期ものをやっていきたいのかな?


以下なんとなく隠す、ネタバレ若干
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

アマルフィ 女神の報酬

2009.07.23 *Thu
アマルフィ 女神の報酬
西谷弘 監督
2009年 日本 125min

ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウン スクリーン7
118s SRD


年の瀬のローマ。日本大使館ではG8出席のため訪問してくる川越外務大臣(平田満)を迎える準備に追われていた。そんな中、外交官の黒田(織田裕二)が新たに赴任してくる。時を同じくしてローマに訪れていた日本人少女・まどか(大森絢音)が行方不明になり、黒田と研修生の安達(戸田恵梨香)は通訳に借り出される。単なる迷子かと思われたがまどかの母親・紗江子(天海祐希)のもとにかかってきた電話の声は、まどかを誘拐したことを告げる。


イタリアの景色美しい!!
サラの歌声やぱりいいね!!
と、2大期待に応えてくれたので満足。
これらの要素が単発2時間ドラマを映画にしてるわ。
大画面・大音量で観られてよかったです。
コンサートのシーンはカゼルタ宮殿で撮影されたとのことですが、本当あんな歴史的建造物であの歌声聞けたら最高だろうなあ。うらやましい。


外交官になりたい(頭悪い感想)
語学も社交術もないけどな!
イタリア行きたい~!な気持ちになります。名所巡ってるし観光ビデオとしても素晴らしい。

ストーリーもつっこみどころもありつつ予想よりハラハラドキドキ出来て面白かった。
主なつっこみは「手間のかかることを…!」なのでそう目くじら立てるものではなかったし。
(フジ開局なんたらの時点で相当ハードル低くなってるしNE★)
このへんの展開・演出は「織田裕二の織田裕二による織田裕二のための」感が強いですが、推理も無理がないし実際かっこいいし。
福山雅治と佐藤浩市もやっぱりかっこよかったです。ほぅ。


12月に観たかったな~。
いろいろ大人の事情あるんでしょうけどこの暑いのにスクリーンの中はみんな厚着…
もいっこの不満としてはアマルフィのどの辺が事件の鍵なのか、どのあたりが女神の報酬だったのかのぞみ脳には判断不能だったことがあります。
アマルフィ自体はとっても綺麗でした。ほぅ。
CATEGORY : 邦画
THEME : アマルフィ / GENRE : 映画
DATE : 2009/07/23 (Thu)
COMMENT (0)  TRACKBACK (3)  EDIT | 

うさぎドロップ 1~4巻

2009.07.19 *Sun
うさぎドロップ
宇仁田ゆみ 著
日本
祥伝社

5・6巻感想

30歳、独身、働き盛りの河地大吉は祖父の葬式にて見覚えのない少女と対面する。その少女はなんと祖父の隠し子で、大吉の叔母にあたる“りん”であった。母親の姿も見当たらず行き場のないりんを親類たちは施設に入れようとする。そんな親類たちの考えに反発する大吉は、りんは自分が育てると言い放つ。


りんちゃんがかわいいー!
大人びていてもやっぱり子供、な描写がいいです。
ダイキチに懐いてる様がよりかわゆす。
りんどうの花摘んでるところは泣けますな…


子育ての苦労はもちろん描かれているんだけど、そこまで大変にはというか詳細は描写されてないよね。
保育園入園とか異動とかそんなにすんなり?はともかく反抗期とかダイキチがりんのことを疎ましく感じる瞬間とかもなく。
ダイキチの「犠牲」も私の感性が鈍いせいかいまいち感じにくいんだよなー。
物理的・状況的は結構ギリギリなんだけどメンタル面は比較的安定してる。
それこそ仕事に関しちゃ異動前のガツガツした手応えが欲しいとか願うシーンもあっていいと思うのですが。
そういった諸々の後の方が「犠牲とかとちょっと違うような」が染みるような。

だけどそういう描写がなく、2人が気持ちの上ではずっと蜜月だからこそ安心してにこにこ読めるのもまた事実です。
ネット上で「ダイキチはある種の理想の男性/父親像」みたいなこと書かれてたけど、それは作品全体に関してもいえる気がします。
リアリティよりそういったほっこり感を求めた優しいファンタジーてことで。
それはそれで全然いいと思います。

ただそういう中にも子供で休むパートさんのこととか、こちらも身につまされるわー。
仕方ないって理解してるつもりなんだけど子育てしたことない自分は、その瞬間は放られることにのみポイントが置かれてしまう。
心は広くいきたいものです。
4巻でのカズミの「やりたいことがまだある」に対してダイキチは「それは娯楽だし我慢できるものでは」と思うところも、それはそうなんだけどさあ!とわんわんしたくなる…
まだまだ母になる日は遠い。


髪結ってもらったりんが、ロップイヤーのぬいぐるみにもゴム結んであげてるところが芸細かくて可愛かったです。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

さすらいの就職犬! ワンワンちゃん

2009.07.16 *Thu
さすらいの就職犬! ワンワンちゃん
工藤ノリコ 著
日本
白泉社

あらゆる仕事に常に全力で取り組む感心な犬(キャラクター紹介より)ワンワンちゃんの奮闘記。さまざまな困難にも負けない彼の姿を見て仕事探しの極意を学ぼう!


あのなんともいえない しれー とした目がカワイイ
もちろん、いっしょけんめいなところも。
各4コマに付いているADVICEが、まともなこと言いつついいアクセントになっています。
ほのぼのしてねえネタを随所に挟みつつ、面白かった。
定価じゃとても買う気になりませんが(116ページで600円でございます)…
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

仏果を得ず

2009.07.15 *Wed
仏果を得ず
三浦しをん 著
日本
双葉社

日々修行中、若手太夫の健は師匠の銀太夫から三味線の兎一郎と組むように命じられる。兎一郎は文句なしの腕を持つが変わり者で名高く、健は不安を隠せない。しかも兎一郎は、特定の太夫と組むのを拒んでいるようであった。ふらふらと稽古さえろくに出来ない日々が続く。


漫画みたいにさくさくっと読めました。
文楽についてもちろんまったく知らないのぞみですが、置いてけぼり感を感じることもなく面白かったです。
説明もくどくなりすぎず、読みやすかった。


なんといっても文楽の作品の登場人物と健が一体になる描写がとてもよかったです。
単に文字が並んだものにここまでの迫力があるのか、と驚く間もなく引き込まれた。
文楽観てみたくなるよ~。危険!

恋愛部分も別に嫌いじゃないんだけどむしろ好ましかったんだけど(「あんたは三番や」てところとか)、あましネットの評判芳しくないのもわかるわ。
なくてもよかったのかもね。


これを読んだきっかけはもちろん表紙ですが(笑)、これのせいか『しゃべれども しゃべれども』がかぶるようなかぶらないような。
マチさん美人だ~。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

生誕150年 ルネ・ラリック

2009.07.15 *Wed
生誕150年 ルネ・ラリック 華やぎのジュエリーから煌きのガラスへ
国立新美術館

ジュエリーとガラス作品、やっぱりというべきか女性が多かったです。
細かかったな~。そして結構な大きさのものもかなりあった。
一作品仕上げるのに一体どれだけの時間と手間がかかるのやら。
観ているだけで気が遠くなります。

宝石も はあぁ となったけれどガラスだな!
香水瓶いいですよねえ。
これに限らず身の回りのものをこういうので囲むってすごく贅沢。
金銭的にもだけど、姫というか女性の憧れですね。幸せな気持ちになれる。

残念なのはオパルセントガラスの作品が期待していたほどはなかったことかな。
これが第一のお目当てだったので…
あの夢のような柔らかな光をこれでもか!てほど観たかった。


カーマスコット、ラリック美術館よりもたくさん観られたかも。
日本の侯爵様のお車と一緒に展示されてたんだけど、車そのものもかっこよかった。
お気に入りのマスコットに万が一のことがないよう、目的地近くになってから取り付けていたんだそうな。
すげえ気持ちわかるわww
所蔵:旧朝香宮とかにちょっとうっとりしました。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

若草物語

2009.07.08 *Wed
Little Women
ルイザ・メイ・オールコット 著
アメリカ
松本恵子 訳
新潮社

18世紀、ニューイングランド。マーチ家の若き四姉妹―美しいメグ、快活なジョー、心優しきベス、無邪気なエミイ―は父の不在と家の貧窮にもくじけず、母と誠実に、希望を持って暮らしていた。隣人、ローレンス家には少年が一人いるが、一家は近所付き合いをほぼ絶っていた。ジョーは少年と話をしてみたいと願う。


昔々児童向けの抄訳で読んだんですが、挿絵が怖くて挫折した記憶があります。
エミイがジョーの○○を○○ちゃった(無駄に伏字)ことしか覚えてなかった…


いやはや、少女たちの情景がいちいちいちいち美しい。
一幅の絵画のようだわあ。
Little Women てタイトルいいよね。

危篤とか、帰還とか不覚にも涙。
家族とか友情とか信頼とかって素晴らしい!

ただ、あまりにも世界が綺麗すぎるので(苦笑)、本来の対象年齢であるうちに読んでおきたかったと切に思います。
今でも十分面白かったんだけど、なんかもっと多感にいきたかった(←?)


ジョンはもう一方の手も取ってしまったので、メグは顔を覗き込まれても、隠すことができなかった(p445)
メグ×ブルーク先生の恋模様ににやにやしたZE!
続編あるんですね。でもブルーク先生がつまらない男という評判を聞いたのでwここで止めておこうかな。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

奇想の王国

2009.07.08 *Wed
奇想の王国 だまし絵展
Bunkamura ザ・ミュージアム

トロンプルイユって語感がなんか好きです。

だまし絵というとマグリットとかエッシャーとかのイメージが強かったけど、写実的で本物と見間違えさせるものも指すんですね。
というかこっちが本来の意味?
ほおぉーとなるけど、実際絵は絵だなって気もしました(-ω-)普通にすごいんだけどね。
『食器棚』(コルネリス・ノルベルトゥス・ヘイスブレヒツ)の扉には おおっ でしたけど。

やっぱりマグリット・ダリ・エッシャーは鉄板ですね。
特にエッシャー、おもしれえな。
じろじろ観ていると気持ち悪くなるのもいいです。
なんでポストカードなかったんだろう…


アナモルフォーズ面白かったです。
さりげなく堂々と描けないものを混ぜ込んだりとか、いつでもどこでも人間やること同じだな。
遠い日本でも同じような鞘絵が成立しているのも興味深いです。

今回思わず感嘆の声をあげてしまったのは『水の都』(パトリック・ヒューズ)。
しばらく仕掛けというか仕組みが全然わからなかったです。
これは実物を観て驚いてほしい。一瞬動画とさえ思ってしまいました。大満足!!
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

そこをなんとか 1巻

2009.07.07 *Tue
そこをなんとか
麻生みこと 著
日本
白泉社

「弁護士は儲かる!」の信念のもと成績ギリギリで弁護士になった“らっこ”こと改世楽子。しかし、司法制度改革により試験合格者が急増、職にあぶれる。窮地に立たされたらっこはとある零細事務所の扉を叩く。


前から気になってたし、何回か連載中の『MELODY』で読んだことあるんですけど、なぜか買ったら負けだと思っていました。
で、読んでみたところ別に負けてません(あたりまえ)
面白いですー。


裁判が出てくるのでもちろん人々はいろいろもめてるんですが、ゆるーいのでドロドロしてなく、さっぱり読めます。
あと、いくら面白くてもらっこが始終怒鳴られてたり(東海林先生のは含まず)恨まれたりすると疲れるので、そんなでもなくて良かった。
その辺が人によっては「ぬるい」とか「うまくまとまりすぎ」とか感じるかもしれないけど、気軽に読めて私は好きです。

らっこちゃんは一歩間違えれば気に食わない女キャラになってもおかしくなさそうなのに、かわいい。
ところで彼女は本名でバイトしてたのかしら?
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

それでも恋するバルセロナ

2009.07.05 *Sun
Vicky Cristina Barcelona
ウディ・アレン 監督
2008年 アメリカ・スペイン 96min

109シネマズMM横浜 シアター1
150s SRD/DTS/SRD-EX


スペイン・バルセロナを訪れたヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)は親友同士だが恋愛に関する価値観は真逆。二人は元妻マリア(ペネロペ・クルス)と刃傷沙汰を起こした画家フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と知り合い、突然オビエドへの旅行に誘われる。その気があるなら二人と寝てもいいと語る彼にヴィッキーは怒るが、クリスティーナは誘いに応じる。そしてヴィッキーもまた彼に惹かれてしまう。


原題やる気なくね?
それともクリスティーナバルセローナ♪って韻とか踏んでるんでしょうか。


なんというか、すげえなあラテンの血・芸術家。
じぶんとはちがういきものです。
(のぞみさんの恋愛偏差値は底辺です)

キャストの熱演×バルセロナで観てて楽しかったけど、爽快なほど後には何も残らない(´-ω-)
だがそれがいい。
スカ嬢のコスチュームじゃないのって初めて観たかもです。カワイイ。


マリアすげえーよ。この人と一緒だとフアン・アントニオも常識人に見えてくるマジック。
一番共感出来る部分が多かったのはヴィッキーでしたが、確かにおぼこが一番手に負えないなと苦笑。
もやもやありながらも伴侶としてはダグ(クリス・メッシーナ)にしとこうよ。
でもあそこまで新しい私、デビュー!な恋心もうらやましい。と乙女(?)にしめてみます。
CATEGORY : アメリカ映画
THEME : 映画の感想 / GENRE : 映画
DATE : 2009/07/05 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

三鷹の森 ジブリ美術館

2009.07.03 *Fri


初めて行ってきました~。
ぼったくり施設を予想してたのですが(…)入館料はお財布に優しいプライスですね。
ごはんも安くはなかったものの、おいしくて満足でした。


ゾートローブに一番興奮しました。
目玉なんでしょうね、『トトロぴょんぴょん』すげえ!!
作業場を再現?した空間も素敵だった。
芸術ってセンスはもちろん、ものすごく根気がいるんだなあ。
企画展示で『崖の上のポニョ』やってて、興味深かったです。そういえば今日DVD発売みたいで。
結構面白そうだったから金曜ロードショーで観るね!

建物が良かったです。
ジブリということ抜きにしても顔が綻ぶ。ほんのりヨーロピアンのそよ風が。
ステンドグラスやランプもいちいちいちいち可愛いの~。
撮影禁止にしてくれて逆に良かった。きりがない。
屋外にあったポルコの蚊取りブタいいです。


ショップが意外と品揃えいまいちだったかな~?
ポニョに力入れてたせいでしょうか、昔の作品のものが欲しかったのでちょっとしょぼん。
『紅の豚』、大好きなんだがグッズが高級ラインのものしかなかったよう。
ポストカードもノーマルなものがもうちょっと欲しかったなあ。
久石譲のコンサートBDもすごく気になりましたがいかんせん高い…

外国の方がたくさんみえていたのには驚き。
そういえばアカデミー賞だった。世界のジブリだったのか。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

愛を読むひと

2009.07.01 *Wed
The Reader
スティーヴン・ダルドリー 監督
2008年 アメリカ・ドイツ 124min

シネフロント
245s SRD/SRD-EX


1958年、ドイツ。15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は病に苦しむところを母ほども年の違うハンナ(ケイト・ウィンスレット)に助けられる。これをきっかけに2人はよく会うようになり、マイケルはハンナに夢中になる。彼女との情事の前には本を読むのがお決まりになっていた。幸せな時間が過ぎていくかに見えたが、ある日ハンナは突然姿を消す。8年後、法科学生となっていたマイケルは勉強のため裁判を傍聴するが、被告席に現れたのはハンナだった。


冒頭、紳士×サスペンダーにちょいとうへへとなったのは内緒。
風呂とバスタオルと私(マッパ)にはびっくりしました。超そんな。


以下は比較的真面目にネタバレです
CATEGORY : アメリカ映画
THEME : 映画の感想 / GENRE : 映画
DATE : 2009/07/01 (Wed)
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
2
4
6
9
10
11
12
13
14
17
18
20
21
22
24
25
26
27
29
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2009/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。