This Archive : 2008年08月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

小袖 江戸のオートクチュール

2008.08.30 *Sat
小袖 江戸のオートクチュール
サントリー美術館

面白かった。
「キレイー」というよりはなんだか笑える…というか。
最初の作品の感想が「お布団みたい…」だからね。
字入りのやつとかごめん私にはあまり良さがわからなかったです。
今でも街に普通に着て行けそうなやつにはウフフ…(´∀`*)となったけれど。

あと終盤まるでパッチワーク?みたいなのが出てきてびっくりしました。
タペストリーとして見れば可愛い。
連れが「朝青龍が着てそう…」とかわけわかんないこと言うもんだからずっと引きずりました…
柄としては好きだったのに…

着物を着た婦人画が2点あり、片方はその着物現物も展示されてて、やっぱり着ると全然印象違うな。
単体だとハデハデなのに着るとしっくりまとまる。
「こんな派手なのチビで地味顔の日本人が着こなせるのか」とか言い合ってたけどそんな日本人だからこそ全体のバランスよくおさまるのかもしれない。
朝青龍デザイン(呼ばわり)なんて、考えてみたらKIMONO姫とかに載ってそうだ。
無理だろうけど他の作品も実際着てみた写真とかあったらよかったのに。


ファッションブックにあたる「雛形」なんて存在が興味深い。
展示物の中にも「○○の雛形図案と酷似している」とあったけどそれならコピーとか添えてくれよ…
1点だけ添えてくれたのがあったけれど、別物ぷりにわろた。
自分が発注主だったら正直憤慨で返品対象だ。


普段の展覧会ハイ状態になったのはむしろ調度品でしょうか。
婚礼用のが主だった。
化粧箱とか香道のとか。いちいち細かくてうはー。

最後の復元したという小袖のあまりの色鮮やかさにびっくり。
今でも十分きらびやかなのにもっともっと原色なのか!
退色という現象がなければこの展覧会、目がチカチカしてたかも。
浅葱色の着物は比較的褪せにくいのかな?鮮やかで爽やかで好きな色。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

【単行本は】すわ!【大判希望】

2008.08.28 *Thu

ニートとアヒルちゃんとサディスト


白泉社『メロディ』にて連載中のジーヴスシリーズ漫画版『プリーズ、ジーヴス』連載3回目にしてようやく垣間見ることが出来ました!
単行本が出るのをじりじり我慢していたのですが、本屋に並んでいるメロディに紐がかかってなかったものだから…つい…

キャラクターのルックスに関しては、実は原作を読む前に目にしていたので問題なし。
勝田文氏の絵好きだし、原作もこのビジュアルで脳内再生しています。
むしろカットを観て原作読むことを決めた。


最初ちょっと画面白い…?と思いつつも、いい!
『すべては愛のために』がヴィジュアルで!
ジーヴス…!

で、バーティーですよ。
登場した瞬間、んもキタ━━━━(゚∀゚)━━━!!!
「ルララ~♪」て帰ってくるバーティーが大変良い。
そしてワードローブ合戦!
あの取り乱しっぷり、梅干のような渋顔…
多分漫画オリジナルである、友人の反応も地味にツボだった。

もう原作のようにニヤニヤをこらえつつで大変。
ここまでで何とかこらえ、優雅なラストページと森村たまき氏エッセイのみ堪能。


うっはー単行本楽しみすぎます!
多分次回掲載分で単行本1冊分になるよな…
ネットでは微妙な反応もちらちら目にしていたので不安だった(でも原作ファンには概ね好評だったのかな)のですが、個人的には見た限り大変満足です!
連載が続く程度の人気は欲しいですね。
『比類なきジーヴス』分だけで終わってほしくないよう。
全て、と言いたいところですがせめてジーヴスの初仕事と女子校演説事件だけは!
マデラインも漫画にしたら中々いい画になると思うんだけどな(どうでもいいとか書いてたくせに)

これ、連載初回だったら完全にメロディ購入してたな。それで購読継続ですよ。
今からってのもどうも半端なので、幸か不幸か我慢続行です。悶々…

最後まで読んでないのに、よくこれだけくっちゃべれるもんだ自分に感心


以降、後日談(え…)
CATEGORY : 漫画
DATE : 2008/08/28 (Thu)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

誰の死体?

2008.08.28 *Thu
Whose Body?
ドロシー・L・セイヤーズ 著
イギリス
浅羽莢子 訳
東京創元社

実直な建築家の住むフラットの風呂場で、男性の全裸死体が発見された。身に着けているものは金眼鏡のみで、身元は不明。一方、金融界の大御所サー・レヴィが同日に失踪したという。青年貴族のピーター・ウィムジイ卿は友人のパーカー警部と捜査に乗り出す。


ジーヴスをキーワードにネットを漂っているとよく見かける“ピーター&バンター”。こら読むしかない。

おお…従僕の鑑だ…バンターさん…
“執事兼従僕”ということで、ますます私の中で両者の線引きがよくわかりません。
ジーヴスもよく“a valet, not a butler”と念押されるけど…ピーター卿やバーティーみたいに気まま独身フラット暮らしだからそれぞれ独立しては不要ってことでいいのかな。
ていうか日本の“執事萌え”て“従僕萌え”なんじゃないですかね(どうでもいい)

「御前」て渋いな!“sir”に当たるんですかね?
姓+Lordで長男、名+Lordで次男以下とか、SirとLordとか難しーい。
Honourableとか日本の言葉にはもちろん概念にないしねえ。
アメリカ人のミリガン氏がうっかり失敗、というエピソードが、同じこういうシステム慣れてない者として親しみ感じつつ面白かった。
どこでも長男が大事なのねん。

やっぱり「何だか時々、マーヴィン・バンターに遊ばれている気がする」(p204)がいいね。
友情にも似た主従愛。
バンター氏「御前のもとに仕えることは喜びを越え勉強です」と殊勝に綴ったかと思えば(いや、本心だろうけど)秘蔵の美酒大変結構でございましたとちゃっかりなのがいい。
ピーター卿のいかにもイギリス紳士という軽妙さも好き。
やっぱりご主人の格好には注意が必要なのね。注意するポイントは相当違いそうですが。


肝心のミステリ部分に関してはネタバレで以下
本当にいきなり犯人バレしてるのでワーニングですよ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

俺たちフィギュアスケーター

2008.08.26 *Tue
Blades of Glory
ウィル・スペック、ジョシュ・ゴードン 監督
2007年 アメリカ 93min

スケート界の異端児チャズ・マイケル・マイケルズ(ウィル・フェレル)と氷上の神童ジミー・マッケルロイ(ジョン・ヘダー)はしのぎを削るライバル同士。二人はある大会で同点1位になるが表彰式で乱闘を繰り広げ、金メダル剥奪・男子シングル界永久追放の処分を受ける。失意のジミーに彼のストーカーであるヘクター(ニック・スワードソン)は唯一の復活の手段としてペアでのスケートを提案する。パートナー探しに出掛けたジミーは偶然チャズと再会、またも乱闘になる。


やっと鑑賞!期待に違わぬバカバカしさで面白かった。素晴らしいです。

劇場で初めて予告観たときも思わず「気持ち悪いw」と声に出してしまったことが思い出されますが、やはり最初から最後までキモかったww
良純ウィル・フェレルの気持ち悪さは芸術だね!!
心の底から拍手を送りたいです。好きです。
お風呂上がりが本・当にきもちわるいw


とにかく楽しい1時間半。
しょうもないのに演技だとかつくりは絶品だと思います。
ぜんりょくでばかやるってさいこう!

コーエン!!


以下はねたばれつつおばかポイントつらつら
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

愛してるよカズ ―小児ガンと闘った母親と息子の愛の記録

2008.08.22 *Fri
愛してるよカズ ―小児ガンと闘った母親と息子の愛の記録
光武綾 著
日本
長崎文献社

初めての子供である上総(かずさ)くんが2歳の時に横紋筋肉腫を発病。最後の日まで精一杯生きた彼を見つめた母・綾(りょう)氏の手記。


滅多に本を読まない妹が自分で買ったらしく、頼んでもいないのに貸してくれた。

正直、こういう本とかTV番組は苦手。
その時は猛烈に生への感謝もするし今現在闘病している人たち(周りの人も含めて)への尊敬もやまないんだけど、喉もと過ぎればでまたすぐ日常に戻ってしまうんだよなあ。
その日常こそ大事ていうこともいちいち忘れてしまうと毎回感じてショボンとする。

そういった自己嫌悪に近い感情を覚えるのがいやで、わりと逃げてばかりなのですが、パラパラめくったところが闘病ではなく上総くんのかわいらしいところを「かわいいでしょ」って記述したところだったんです。
のでついうっかり読んでしまって、うふふと思って、日記みたいな文体だから読みやすいなと結局最初から読んでしまったのでした。ちなみにDVDは観ていない。


以下思いのほか長文
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ウースター家の掟

2008.08.11 *Mon
The Code of the Woosters
P・G・ウッドハウス 著
イギリス
森村たまき 訳
国書刊行会

シリーズ前作:『それゆけ、ジーヴス』
シリーズ次作:『でかした、ジーヴス!』

「汝、友を落胆させるべからず」
「汝、女性の求愛を拒絶するなかれ」


叔母のダリアからの任務を受けとある骨董屋へ赴くバーティー。そこには以前“お世話になった”治安判事サー・ワトキン・バセットがいた。何を隠そう彼はあのマデライン・バセットの父君だった。時同じくしてガッシーより「マデラインと我深刻に仲違いす」との電報が入り、バーティーは一路ガッシー、マデライン、そしてパパバセットのいるトトレイ・タワーズへ向かう。


『よしきた、ジーヴス』からつながる長編。
よしきた~より冗長さがなくなって、嵐のように駆け抜けるおもろさです。

タイトルがいつもよりかっこいい気がする。
てっきりウースター家の一族がわらわら出てくるのかと思いきや、上にイタリックで示した2つの掟によりどっぷりスープに浸かるバーティー、というとってもいつものパターン。
そうか、バーティーはただ優柔不断なんじゃなくてこういう騎士道精神を全うしてるからこそ周りの人々からの理不尽な要求を拒否できないんだね!
(今回むしろ頑張って断ってたほうだよなあ)
ただのバカじゃなくてやや骨のあるバカなのね!今まで誤解しててごめんね!


以下ネタバレ。
なんかジーヴスの記事は長くなってしまうな…
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

たみおのしあわせ

2008.08.09 *Sat
たみおのしあわせ
岩松了 監督
2008年 日本 118min

CINECITTA' CINE3
138s SRD/DTS


民男(オダギリジョー)は奥手で恋愛下手だが、先日見合いをした瞳(麻生久美子)との交際は順調、挙式まで秒読み態勢となっていた。一方民男と二人暮らしの父・伸男(原田芳雄)も職場の女性宮地(大竹しのぶ)と交際中。しかし民男を気にし関係は明かさずにいた。結婚の準備を進める日々の中、伸男は部屋に漂う違和感に気付く。


やっと観られた!のに、
工工エエエエエ(´Д`)エエエエエ工工
な感は否めませんでした。

どのくらいエエェかというと、霧山×三日月(違)ウエディング写真目当てに買おうと思っていたパンフを見送ったぐらい、です。
うーん、よくわからなかったぜ。


以下はねたばれるでよ
CATEGORY : 邦画
THEME : 日本映画 / GENRE : 映画
DATE : 2008/08/09 (Sat)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2008

2008.08.04 *Mon
フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2008
NHK交響楽団
ミューザ川崎 シンフォニーホール

去年のボレロよかったよなあ…(´∀`*)と今年もボレってみました。
隣にお子様が座ってらして、去年の悪夢再びか!とおののきもしましたが、とてもいい子にして見ていましたよかったどうもありがとう。
そして去年より演者のお顔がよく見えて、ああこの人○○に似てるとか△△に似てるとかアラやだぶすっとしてるけど笑うと可愛いな美人だなとか余計なことを考えてしまっていました。
いや、手元も、ちゃんと、見てましたよ。


本番前のプレコンサートから入場。

おんぷ弦楽五重奏
     ブラームス:弦楽五重奏曲第2番 ヘ長調 作品111より 第1楽章

バイオリン2・ビオラ1・チェロ1の四重奏が一般的だけどこれはビオラも2の五重奏。
ブラームスはビオラが好きだったんだってさ。
ゆったりとした甘い音色でした。

おんぷチェロ・ハープ・マリンバのトリオ
     グラズノフ:スペインのセレナーデ
     カタロニア民謡(カザルス編):鳥の歌
     ファリャ:バレエ音楽『恋は魔術師』より“火祭りの踊り”

それぞれクローズアップされるのも珍しいのに、トリオまで組んじゃってさらに珍しいですよというものです。
スペインのセレナーデはすごく可愛らしい曲だった。
マリンバのコロコロコロ~て響きがなぜか金平糖を思い起こさせた。
かたや鳥の歌は切ないメロディ、火祭りの踊り(この曲だけ聞いたことあった)はまさに炎の迫力に圧倒!
メロディ違うんだから当たり前なんだけど、同じ楽器でここまで印象違うのかとびっくり。
それぞれ特徴的な音を持つから今までメロディよりその特徴しか聞いてなかったんだなって思った。


そして本編であります。

おんぷオーケストラ
     ブリテン:『マチネ・ミュージカル』よりマーチ
     ボロディン:歌劇『イーゴリ公』より“ダッタン人の踊り”
おんぷ吹奏楽
     ビリック:ブロックM
     ヴォーン・ウィリアムズ:イギリス民謡組曲
おんぷオーケストラ
     ラヴェル:ボレロ

今回はマーチが多くてリズムよく楽しく聞けました。
実は少しだけ心配だったんだ…寝やしないか…
ダッタン人の踊りは名前だけは知ってたけどちゃんと聞いたのは今回が初めてじゃないかな。
哀愁感じる出だしからシンバルバンバンの終盤まで幅広い。
もりだくさんでお得感ばしばしです。

ゆるやかなのもちゃんと聞いてましたよ。
寝ない程度に気持ちよくなれた。

で、ボレロ。やっぱりいいすな~!
太鼓(スネアドラムと言いたいらしい)の人の持久力すごいよね。ごめん、こんな感想で。
あのもう嘘でしょってぐらいの盛り上がりを一気に落とす感じとか、もうたまりません。
お隣のちびっこもこの時ばかりはちょっと手がうずうずしてたような。うーん許す!


演奏以外のおしゃべりコーナーもなかなか興味深かったです。
特に椅子やら譜面台やらをセッティングするマネージャーのお話はほへえと感心することしきり。
無知なのぞみはてっきりミューザの大道具のおにいちゃんかと思っていたのですが(苦笑)ちゃんとN響専属の、ご自身も音楽をやっていた方なんですね。
言われてみれば空間の反響を含む音楽的知識に団員の好みを把握していなきゃいけないし、最短の時間でそのスキルを発揮する手際のよさも必要だよなー。
一つおりこうになりました。

また、プレコンサートでマリンバを演奏していた方はトリオ曲3曲の編曲も全て手がけ、オーケストラではシンバルを担当していました。
そうか、いろいろ出来なきゃいけないんだな。
幼少時鍵盤ハーモニカの時点で劣等生だったのぞみには雲を掴むようなお話でございます。

進行役がNHKアナウンサーなのもN響ならではって感じです。
指揮者の方以外のしゃべりがgdgdなのもよろしいw


このフェスタ、20日間ぐらいやっているので来年は何回か行けたらいいなあ。
あとここのパイプオルガンもぜひ聞いてみたいものです。
CATEGORY : Music
THEME : クラシック / GENRE : 音楽
DATE : 2008/08/04 (Mon)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE

2008.08.03 *Sun
魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE
山口雄大 監督
2005年 日本 85min

引き算さえ出来れば入れる悪の巣窟・クロマティ高校に入学した神山高志(須賀貴匡)。生徒たちのあまりの不良ぶりに動揺を隠せないが、「学校を変えてみせる」と決意。新たな友人もでき、変えるというよりは馴染んでいく神山たちは、影の総理大臣から学校を守るべく地球防衛団を結成する。


気になりつつも、何度も借りるのに躊躇してはや3年の月日が経ちました。
公開時“モーニング&レイトショーのみ”というヘナヘナするスケジュールだったようなと、思い出がほんのりよみがえります。
今回もやっぱり迷ったものの、「この酔った勢いで借りなければ今後何年もこのためらいを繰り返す!」とついにレンタル。
振り返れば7月は全く映画を観ておらず、久々の映画がこれってどうなんだろう。


さてそんな前置きはどうでもいいとして、映画について。
愛情を込めた「なんてひどいwww」を贈りたいです。
観終わった後の感覚は映画鑑賞後というより深夜番組のそれに近い。

キャストはかなり善戦ですよね。笑えるぐらい。
個人的には前田くん(山本浩司)はもうちょっと強面だと思うのですが…
ロバートいいよロバート。
フレディwww渡辺裕之はどういうつもりで受けたのでしょう。
無駄に豪華なキャストだったなあ…

神山の中の人かっこいいですね。
金髪より学ランのが似合っていた。
流行ってたという踊りしているところがよかった。
「神山参上」て他校の壁に落書きするシーンはぜひ欲しかったなw
どうでもいいけど原作の神山って「学校変えてみせる」とかそういう積極的なキャラクターだったっけ?

一番好きなのはプータン。
遠藤憲一と高知東知が素晴らしいです。


ゆるーくまあ楽しく観られたけど深夜のアニメのが好きだな。
吉田拓郎のOPがちょっとお気に入りでした。

この映画で一番輝いてたのは板尾さんだよね。
CATEGORY : 邦画
THEME : B級映画 / GENRE : 映画
DATE : 2008/08/03 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

贖罪

2008.08.01 *Fri
Atonement
イアン・マキューアン 著
イギリス
小山太一 訳
新潮社

映画:『つぐない』

多感な少女ブライオニーは年の離れた姉セシーリアと使用人の息子ロビーがただならぬ空気の中噴水のそばで二人きりでいるところを目撃する。ロビーから姉へと預かった手紙の中の衝撃的な単語、図書館で姉に襲い掛かるロビー…ブライオニーは彼への嫌悪感を募らせていく。そして事件は起こった。家で預かっていた従姉ローラが襲われ、ブライオニーはロビーが犯人だと告発する。


電車で寝すぎたゆえなっかなか進みませんでした。
最近漫画ばかり読んでたからでしょうか。


ネタバレ含んで続くよ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
08
2
5
6
7
8
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
27
29
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

07 | 2008/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。