This Archive : 2008年07月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

一青窈 CONCERT TOUR 2008

2008.07.24 *Thu
一青窈 CONCERT TOUR 2008 Key~Talkie Doorkey
神奈川県民ホール

チケットを忘れるという冗談みたいな失敗をやらかす(…)もとっても楽しかったコンサート。
一緒に立って騒いで盛り上がるというよりは歌と演出をしっとりと、世界観を満喫するスタイルでした。


セットリスト含め以下隠しますよん
スポンサーサイト
CATEGORY : Music
THEME : LIVE、イベント / GENRE : 音楽
DATE : 2008/07/24 (Thu)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

トップオブザワールドな人たち 1巻

2008.07.21 *Mon
トップオブザワールドな人たち
小坂理絵 著
日本
講談社

2巻感想

高校に入学したばかりの内気な礼弥(あやみ)は、中学に引き続き帰宅部を決め込んでいた。しかし校内で怪しい鳥人間と激突・代償(?)として“チャレンジ部”に入らされることに。このチャレンジ部、活動内容は世界一を目指し“ネッシー”に載ることである。


急に絵が変わったなー。むっちりくねくねでえろい(笑)
チョコを食べさすコマとか妙にエロティックでした。
話と共に、ちょっと対象年齢を上げようとしてる?
小坂さんがそうなのか、その時の『なかよし』の傾向なのかはわかりませんが…
これより後作品のはずの『VAMP!?』よりそう感じるのは不思議だな。
コメディセンスは相変わらず。面白いよー。


コマシ心ってなんだよw
本当にコマし権を使おうとする後輩、快諾する先輩、一日奴隷を特に抵抗せず受け入れる先輩…なんてメンツだ。
主役が内気な分周りがそれを補って余りある個性派揃いで素晴らしいです。

版権の理由からギ○スをネッシーと呼んでいるのですが、話のメインモチーフを愛称で呼ぶセンスに大笑い。
きちんと部員達が読むネッシーも、タイトル隠してるんですよね。ご丁寧にネッシーて紙貼り付けて。


同時収録の『シンシアリー』最初はするっと普通だなと読んでたけど、痛さとほんのりとした甘さがぐうっとくるなー。
悪者はいないのに苦しい。
そしておまけ漫画に激しく笑った。かわいそうww


話と直接関係ありませんが本当にネッシーはびっくり人間図鑑ですね。
適当にぐぐるとそこにはものすごい世界が広がっていました。

2巻が見つからない…もう古本屋10軒は回ったのに。
大人の手段を使うかどうか迷っております。
定価以上を出すって抵抗あるんですが(作家本人に入るならともかく)通勤圏外の古本屋探すこと考えたら安くて早いんだよなー。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

やっとコンプ

2008.07.21 *Mon

制服プレイ


リアルタイムでは『帰ってきた時効警察』しか観ていなかった『時効警察』シリーズ、シーズン1をついに全話観ることが出来ました。
地元のTタヤはいっつも借りられてて長い道のりだった。

一番最初に気付くのは三日月ちゃんがうざくない(笑)
終盤になるにつれ2のテンションに近付いていますが。
帰ってきた~から入ったのもあって、うざくてとてつもなく可愛い三日月ちゃんが好きなのでちょっと淋しかったけど十分おかしい。


既に記憶があやふやですがお気に入りポイント

イギリス人の謎は鑑賞後の今も解けない(もちろん解く気も特にない)
片桐はいり:たった1シーンであの存在感!
緒川たまき:きっれー そして何ともいえない不思議感
みきひさーーー
変質者ヤマザキ
靴下さん

沈みがち人形
誰にも言いませんよカードロイヤルストレートフラッシュ
青春とドリアングレイ
関口ミッシェル
踊る時効管理課
こんちくしょう精神と都会の孤独
ある程度のわがままが許される霧山くん
ウザさ増強中・世話女房な三日月ちゃん

十文字さん(全編通して)
セーラー:普通に可愛い…そしてそれに対する霧山くんのドイヒーすぎる態度
もちろん歌手・三日月しずかも忘れてはなりません。


あー、面白かった~。
「また帰ってきた~」とかやってくれないかな。劇場版でもいいよ。多分1800円では観ませんけど(微笑)
CATEGORY : Note
DATE : 2008/07/21 (Mon)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ヒロインをめざせ!

2008.07.20 *Sun
ヒロインをめざせ!
小坂理絵 著
日本
講談社

ヒロインになってみませんか?(p8)


体操部のホープである白銀みさおはスカウトを受け、アイドルになるべくヒーロー・ヒロイン養成学校を受験する。見事合格したみさおだったが、同期は思いを寄せる明を含め曲者ぞろい。さらに学校の目的はアイドル養成ではなく、その名の通り「悪と戦うヒーロー・ヒロイン」を育て上げることだった。


小坂作品のギャグはどれも好きですが、これは今まで読んだ中1番と言っていいぐらい素晴らしいバカバカしさ(褒め言葉)でコメディに徹していて笑えました。

登場人物の名字にきちんと担当の色が入っていたのに気付くまでしばらくかかりました。どうでもいいですか。


以下ちょっとだけネタバレも書いてしまったので一応隠しますよ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

人間の証明

2008.07.17 *Thu
人間の証明
森村誠一 著
日本
角川書店

母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?


高級ホテルのエレベーターで外国人の死体が発見された。被害者はジョニー・ヘイワード。警察の調べで身元は割れたものの、容疑者や動機はもちろん来日の理由もつかめない。幼い頃受けたショックにより人間不信となっていた刑事の棟居は被害者が呟いていたらしい“ストウハ”という言葉に注目する。


昔観たドラマが面白くて、原作を読んでみたいとかねがね思っていた作品。
竹野内豊がかっこよかったよなあ…(´∀`*)
その反面、おもーくなるので中々読むのをためらっていました。

でも一度読んでみるとわりとさらさら読めた気がする。
核心に迫っていく過程が面白くてどんどん進めてしまう。
だけどその分なのか…何様て感じですが序盤は文体が拙いというか幼い印象受けたな。
特に情事に関する描写は違う意味で恥ずかしさを感じる…
話が進んでいくにしたがって気にならなくなったし、自然の情景描写は結構好きと思いましたけどね。

全然別の舞台が一つに収束していく様にはやっぱりぞくぞく。
ただ、結構飛躍というかこの程度の引っかかりで事件て解決できるもんなのかなとか思ってしまいましたけど(苦笑)
推理小説ってあまり読まないからよくわからない。
あと実際にここまで警察って動いてくれるのかなとか後ろ向きなつっこみ。


例の詩、ドラマを観ていたときは単なるモチーフにしか思えなかったし、登場する必然性をまっっったく感じませんでした。
なんて情緒のない自分!
そんな過去が嘘のように今回は染みた。
恭子陥落のシーンは涙目です。電車内で怪しい人だよ。
美しい詩ですね。やはり詩は声に出して読まれることで真価を発揮するのかな。
そんな私がこの詩を知ったのは本作ではなく『動物のお医者さん』でしたが…
謎解きで読み進めたけど読了後、そっちの印象はほとんど残っておらず、過ちだとか償いだとか赦しだとか、タイトルどおり人間が人間であることに言いようのない思いをはせてしまいます。


どうしてもドラマとの違いを(うろ覚えにも関わらず)意識してしまうけどどちらも良かったと思う。
棟居のトラウマシーンがドラマでは執拗に小出しで描かれていてこっちのトラウマになる勢いだったので小説では回数抑えてくれてほっとしました。それでも十分な衝撃でしたが。
そのわりには死体発見役にすぎない人たちの背景づけがすごいなと思ったけど。

陽子はドラマでえらくおいしい役に出世してたんですね。
腐りきった郡家の最後の希望的な扱いだったもんなー。

ケンをめぐるドラマ改変も、そんなに世界ってせまいのかよなつっこみ出来なくもないけどあれはあれで救いがあってよかった。
改変しなくてもこのつっこみは出来てしまうしね。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

町でうわさの天狗の子 2巻

2008.07.10 *Thu
町でうわさの天狗の子
岩本ナオ 著
日本
小学館

1巻感想
3巻感想

記事書くために1巻の記事を見てみたら画像消えてた(´・ω・`)
アマゾン由来だとこういうことあるから微妙に悲しいんだよなーんもー。
かすーかに台詞の書体が1巻と変わった?

最近絶版漫画ブログと化していたこのlairですが、久々に普通の本屋で買える漫画ですよ。


可愛くて面白いのは引き続きでよかった。
今のところ悪人もいなくて安心してのほほんと読んでいます。

赤沢さん可愛いなー。
でも一番可愛いのは康徳様だよなー。
タケル君の門松Tシャツと金ちゃんの特攻(と書いてブッコミと読む)スタイルには笑わせていただきました。

勝田文さんのモブも可愛かった。
言われないと分からなかったけど一度気付くと岩本さんのとは全く違って面白いね。


こっちから見てる分にはよくわからないけど、秋姫は本当に天狗になってしまうことを恐れていますね。
これからどうなっていくんでしょ。
瞬ちゃんとタケル君とどっちにいくかもわからないし。
紅葉ちゃんに感じていたり示していたりするものは嫉妬にしか見えなかったりもするしな。
友達に彼女のこと紹介するとき「お父さんが同業で…」と紹介してるのがw天狗は職業ですか。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

セキホクジャーナル

2008.07.07 *Mon
セキホクジャーナル
小坂理絵 著
日本
講談社

怖がりの霊感少女・宮野柚枝は関北高校新聞部の新米部員。トロい彼女は記事を書き上げるのがいつも遅く鬼部長にどやされてばかり。ミステリー特集号を出すことになったため、部長命令で“何か”を感じる屋上へ向かう柚枝と部員たち。彼女たちはそこで1人の幽霊と遭遇する。


このあらすじから受ける印象と実際読んだ感じとの乖離感が通常より5割増!な出来ですすみません。
『るんるん』読んでたよー!
懐かしさに抗えず買いあさってしまった…大人バンザ…イ…

書きたいことが溢れすぎてなにから書けばいいのやら。
とにかく面白いよー。

同時収録も絵はともかく(苦笑)可愛い話で結構好き。
『恋する人々』がめちゃくちゃで良い。
「たかぎのばば」に一番笑ったかもしれない。


以下はねたばれてないけど懐古懐古で長くなったので隠します…
CATEGORY : 漫画
DATE : 2008/07/07 (Mon)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

STOMP JAPAN TOUR 2008

2008.07.05 *Sat
STOMP JAPAN TOUR 2008
STOMP
東京芸術劇場 中ホール

映画館でよく流れてたナイキかなんかのCMでしか観たことありませんでしたけど、すごいグループなんですねSTOMP。
んもーこういうのにすごいって言うの当たり前だから出来れば使いたくないんだけど毎度使っちまうな。

リズムにダンスに…本当におんなじ人間なんでしょうか。
ああ、これも毎度言ってることな気もする。
無性に和太鼓演奏が見たくなりました。

コミカルな要素も随所にちりばめられて面白かったです。
道化役の人は出てくるだけで笑ってしまう。
そして彼が例のごとく(?)ウィル・フェレルに見える。なんてフィルターなんだ自分。


ゴムパイプのようなものでポムポム音を鳴らすチャプターはなんだかジブリに出てきそうなメロディだったなあ。
基本は破壊音に近い「ダムダム!」音だったから新鮮だった。
吊られてロッククライミングのように演奏するところでは文字通り(゚д゚ )ホゲーて。
ダッダ ダダダ ダッダンて(わかりにくい)ストンプリズム!なところに当たるとよりテンション上がってしまう。
映画観てるうちに刷り込まれていたんでしょうか。

ゴミバケツのフタでの演技はさっすが!
音の迫力はもちろん、剣舞のような動きがしなやかで美しかった~。
とってもかっこよかったな。


出演者がそれぞれいろいろな所でいろいろなことやってるから見逃した部分もたくさんあるんだろうな。
んん、確認してえ。

他の人たちもそうなんだろうけど、リーダーの筋肉がムキムキで「マッチョもいいすね」と変な目覚め。
道化役の人のぽっこり出たメタボ腹は詰め物かしら?
CATEGORY : Act
DATE : 2008/07/05 (Sat)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

桜の園

2008.07.04 *Fri
Вишнёвый Сад
アントン・チェーホフ 著
ロシア
小野理子 訳
岩波書店

5月、一面に花が咲き誇る桜の園に当主であるラネーフスカヤ夫人が帰ってきた。娘たちや使用人に出迎えられ、喜びに浸る夫人だが、借金は膨らみ桜の園を含む領地は間もなく競売にかけられることになっている。 商人ロパーヒンは夫人のため領地を手放さず済む方法を諭すが、夫人は真剣に聞こうとしない。


『斜陽』が日本版桜の園とかいうから読んでみたけど、アタイにはさっぱりだよ…!
筋を何とか理解できた程度でした。
本編より解説のほうが面白かったのではという勢い。

で、頑張れば憂愁とか感じ取れないでもないかなと思っていたら喜劇だというではないか。
出てくる人たち、滑稽だなとは思っていたけどアハハとかクスリとかは出来なかったよ…
知識とセンスとどちらも追いつかなかったということでしょうか。残念な子(´-`)

「天から降ってきたような、弦の切れたような、すうっと消えていく、もの悲しい音」(p69、131)の余韻はいいですね。
炭鉱事故の音なんて書いてくれなきゃさっぱりわからなかったけど。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

とんでもナイト

2008.07.03 *Thu
とんでもナイト
小坂理絵 著
日本
講談社

屋敷カンナは普通の女子高生だが父ムサシが超過保護なことに悩んでいた。ロボット工学の権威であるムサシは、カンナが恋をしていると知り虫よけにボディガードヒューマノイドを完成させてしまう。小次郎と名付けられたそのロボットと共に生活するはめになったカンナだが…


この脱力感あふれるタイトルに感動を覚えメロメロなワタシ。
ダジャレとか、くだらないて言われるほど一度はまると抜け出せないんだよね。
小次郎の正式名称?が「パパ守って7号」であることは特筆しておきたい(なぜ)


いやあ可愛いカップル。
カンナかわいいよカンナ。
ツンデレという言葉があったのかなかったのかよくわからない時代に素敵なツンデレヒロイン。
2人の嫉妬がほほえましい。

ライバル美緒ちゃんもいいキャラだったなー。
いい子だ。「幸せになれるの?」と聞くシーンはぜひ欲しかったところで、よかった。


以下隠しておいたほうがいいかなー程度の微妙なネタバレ含みます
CATEGORY : 漫画
DATE : 2008/07/03 (Thu)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

くるみと七人のこびとたち

2008.07.01 *Tue
くるみと七人のこびとたち
高瀬綾 著
日本
講談社

13歳の少女くるみは親戚の絵本作家・ハルヒに淡い恋心を抱いている。ドイツ旅行から帰還してきたハルヒに会いにいくくるみだが、彼の家はもぬけの殻。その時一冊の本から2枚の肖像画、7人のこびとたちが飛び出してきた。彼らはくるみに「ハルヒは白雪姫と恋に落ちた」と告げる。


『VAMP!?』で少し書いた、探していた昔の漫画というのはこれです。
記憶が確かならこの作品第一回目が掲載されたやつが『なかよし』デビューな気がする。
92年か…うわあ…
ずっと忘れていたのにな。ほんとネットなんてするもんじゃねえな。


お話自体は結構タラッタララ~♪のうちに進んでしまうのね。
レオの小芝居といい(あれじゃあくるみたちは騙せてもおおきなおねえさんたちは騙せまいw)まあモチーフの可愛さで読ませる感じ?
ほわほわいい感じなんだけどね。
狂った物語の修復ていうのが妙にツボだ。

カイル王子かっこいいね。
目でかいのにりりしく見えてびっくりです。
それにしてもメルヘンな絵柄でキスシーンされるとこっちが恥ずかしいもんなんだな(笑)


終盤の最後の戦いに挑む前、これまで出てきた人たち全員集合~は苦笑に近いものを感じながらもウルウルしてしまった不思議。

そして、そしてラスト!くはー秀逸!
甘く切ない、て表現がぴったり。
とても悲しいのに幸福感に似たぬくもりを感じる。
こんなに清々しい禁断の恋があっていいのか(ノд`)
5巻の表紙が婚礼衣装にも見えてなお切ないやね。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
2
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
22
23
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2008/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。