This Archive : 2008年05月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

オールドノリタケと懐かしの洋食器

2008.05.27 *Tue
世界に誇る和製テーブルウェア オールドノリタケと懐かしの洋食器
東京都庭園美術館

今回も順調にときめき!
でもウットリというよりは、キャー!ぜひ手もとに!というちょっとだけ軽めのノリでした。
重厚なのもたくさんあったのになぜでしょうかしら。
ガラス邪魔ですってぐらい、いつになくガン見してしまった。
繊細さ、金とかふんだんに使った贅沢さに幸せ気分。
レース風の加工してあるやつとかやっぱり好き。

エロ目の鳥と貧相にデフォルメされた龍のお皿が面白かったw
立体的に実を表現したやつも。


今回「ラスター」という金属のような光沢を放つ釉薬を初めて知りました。
微妙なところに説明がありましたけれど。最初に欲しかったぜ…
多彩な魅力があるね。陶磁器というまったく違う質感のものとの組合せが不思議な感じを出していて。
真珠様のラスターってちょっと螺鈿ぽい。

同じ形でも違うデザインを施して全く別物に感じるものだとか、同じ柄を持つ和の茶器セット&洋のティーセットにも、こんなアプローチが!と驚きました。
薔薇モチーフの多様さにもびっくり。

モガっぽい文が入った煙草セットもおしゃれだったなあ。
煙草ケースに描かれた女の子の洋服と、ケースを載せてるお盆の色の合わせ具合が素敵。
説明文にも「(色を合わせているのが)心憎い」と書いてありました。
ツバメをモチーフにした別の展示品の説明ではカッコ書きで「ペンギンに見えなくもない」とか書いてあって、さりげなく主観混ぜちゃってるあたりw


展示品だけでなく建物もよかったです。
日本では建物そのものに味がある美術館てあまり行ったことがないのでセクション間移動するだけでドキドキしてしまった。
入り口、なぜだかラリック美術館を思い出すなあとぼんやりしてたら、なるほどラリック作のガラスレリーフがそこに!

階段とか窓とかも展示品となんとなく雰囲気合ってた。
レースのカーテン越しに見える庭園の薔薇とか…
さすが元宮家の住居。ってさっき知ったんですけどねウフ
昔一回だけ行ったことあるはずなんですけど気持ちいいぐらい記憶がない。
幼少期でなく学生時代のことなのに…

そして庭園はのんびりしつつも時期ですね、蚊柱ゆえにですね、比較的早歩きで。
気持ちよかったんですけどね。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

寝ずの番

2008.05.25 *Sun
寝ずの番
マキノ雅彦 監督
2006年 日本 110min

臨終の時を迎えていた上方落語界の重鎮・笑満亭橋鶴(長門裕之)。最後にしたいことはないかと橋太(中井貴一)ら弟子たちに尋ねられ、願いをつぶやく。“悲願”が達せられた直後、彼は息を引き取った。橋鶴の通夜の席で橋太たちは故人の思い出話に花を咲かせる。


いやーなんて不謹慎な映画だろうw
死と下ネタの崇高なコラボレーション。死もネタ(全然うまいこといえてないよ)。
ぼそぼそ喋るなよ聞こえにくいよーと思ってボリューム上げると突然大声でHARENCHIに歌い上げるので油断なりません。
1人で気まずい思い。音漏れてたかしら…

でも死者を笑顔で送るって素敵なことですよね。
まあ程度とか方向をこの映画と同じように是非!とは言わないけれど。
「自分は通夜通、残念なのは自分の通夜に出られないこと」ていうのが、笑い話ではあるんですがちょっとしみじみしてしまった。


ネタバレか微妙なところですが用心深く、隠します
CATEGORY : 邦画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2008/05/25 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

暗くなるまで待って

2008.05.20 *Tue
Wait Until Dark
テレンス・ヤング 監督
1967年 アメリカ 109min

スージー(オードリー・ヘップバーン)の夫サム(エフレム・ジンバリスト・ジュニア)が押し付けられるように預かってきた人形にはヘロインが隠されていた。人形を追う組織のリーダー・ロート(アラン・アーキン)はマイク(リチャード・クレンナ)、カルリーノ(ジャック・ウェストン)と共にスージーたちの部屋を家捜ししている最中、スージーが盲目であることを知る。彼らは一芝居打って人形を手中に収めようとするが…


おまえら人の家なんだと思ってるんだ!て感じですよね(そこ?)
何の落ち度もない夫婦が犯罪に巻き込まれるというところにまず恐怖を感じてしまった。
「私たちが何をしたっていうの!」 まったくだ(ノд`)


以下はロートの前髪ぱっつんが気になって仕方がなかった気持ちを抑えてネタバレ
CATEGORY : アメリカ映画
THEME : サスペンス / GENRE : 映画
DATE : 2008/05/20 (Tue)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ハンティング・パーティ

2008.05.13 *Tue
The Hunting Party
リチャード・シェパード 監督
2007年 アメリカ 103min

CINECITTA' CINE2
129s SRD/DTS


ベテランカメラマンとしてNYで活躍しているダック(テレンス・ハワード)はレポーターのサイモン(リチャード・ギア)と再会する。二人はかつて共に戦火をくぐり、伝説的なレポートを送り続けていたパートナーだった。サイモンはダックに特ダネと称し戦争犯罪人フォックス(リュボミール・ケレケス)の情報をちらつかせる。そこにTV局副社長の息子ベン(ジェシー・アイゼンバーグ)も飛び込み、3人はフォックスを追うこととなった。


なんだか映画観るの久しぶり…今月初めてだもんなあ。
とりあえず寝なくてよかった。

マルヤナがダイアン・クルーガーだったことエンドロール観るまで気付かなかった私。
どうりで(無駄に)綺麗な人だなーと思ったわけだ。


『大いなる陰謀』同様、やりきれないものを感じるのは扱っているもののせいですね。
そういうものなのか、男たちのスリリングな珍道中(←?)をワクワクドキドキして観るものなのかいまいちわかりかねました。
まあ楽しく観られたかな。


以下、ネタバレ
CATEGORY : アメリカ映画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2008/05/13 (Tue)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

パリのカフェ展

2008.05.06 *Tue
パリのカフェ展―カフェに集った芸術家たち
渋谷・東急本店

タイトルどおり、たくさんの芸術家たちがたまっていたあんなカフェこんなカフェ展です。
名前だけなら私でも知っている芸術家たちが続々、っていうかぞろぞろ。
こんな人たちが一同に会してたなんてすごいぞパリのカフェ。
しかも展示されていたそんな芸術家たちの写真はマン・レイ撮影。すごいぞパリのカフェ。

それぞれのカフェについての説明のほかにカップとかメニュー(現在のものぽいけど)が展示されていました。
もうかんわいいわあ~欧州コンプにはたまらない!
ガラスのテーブルウェアっていうんですかね?も繊細でおされ。

ところで現在のメニューらしきものもありましたと書きましたが、ドゥ・マゴというカフェのメニューがありえなかった…一番安いので7ユーロってあなた!


芸術家たちが集まったとか、それ目当てに人が来たとかも面白いな。
世界は、ミーハーたちが、動かしている!と思わなくもない。

貧しい画家からは絵を、詩人からは詩を代金代わりに受け取ったとかちょっといい話。
だけど政治的とか騒がしくなったとかで環境が悪くなると“芸術家たちは○○へ移った”とかいう記述が何回か出てきて、うう、非情な。


当時のカフェの様子を写した写真も見たけれど、結構客がぎゅうぎゅう詰めに座っているショットとかもあってびっくり。
あれじゃくつろげねえよ…
ギャルソンたちを写したのもあって、かわいいおじさまたちにキュン。
ときめいて仕方ないです。
上からいけるページも下のほうにギャルソンのおじさま写っててきゅんとするのでぜひご覧ください。

カフェじゃないけどロートレックが描いたムーラン・ルージュのはじめ、おされポスターも数点観られました。
『ディヴァン・ジャポネ』のタンブラー買ったよ!会社で使うんだ。この間研修中砕けたカップの後継者として!

とりあえずカフェ、というかパリに行きたくなる展覧会でした。誰か連れて行ってください。


「すごい」「かわいい」「おされ」「きゅん」アホ丸出しワードばかりでこの記事構成しちまった…
CATEGORY : Exhibition
DATE : 2008/05/06 (Tue)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2008/05 | 06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。