This Archive : 2008年03月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

エディット・ピアフ~愛の讃歌~

2008.03.30 *Sun
La Môme
オリヴィエ・ダアン 監督
2007年 フランス・チェコ・イギリス 140min

早稲田松竹
153s SRD


パリのベルヴィルに生まれたエディット(マリオン・コティヤール)は祖母が営む娼館で幼少期を過ごす。一時的に失明したものの回復したエディットは大道芸人の父(ジャン・ポール=ルーヴ)に引き取られ、各地を転々とする。月日は経ち、友人のモモーヌ(シルヴィー・テステュー)と路上で歌い生活していたエディットは名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレ(ジェラール・ドパルデュー)に見初められデビューを果たす。ルプレは彼女に“ピアフ―雀―”という名前を与えた。


彼女については全く知らないので、事実は気にせず映画そのものの感想をくっちゃべるであるよ。


すごい人生ねえ…私とは真逆の道を歩んでるなあ。
なるほど指摘されているとおりこういう伝記物?として見ると一線を画しているとは言いがたいですが。

主演のマリオン・コティヤールって今まで作品観たことなかったんですが、べっぴんさんなのね。
世界各国のスクリーンに全編ブスメイクで挑むってこと時点で女優魂を感じます。
演技もとっても気迫を感じて素晴らしかった。

そうそう子役たち(マノン・シュヴァリエ、ポリーヌ・ビュルレ)もよかったですよ。
というか2人いたことに気付かなかった…それだけ似ていて自然だったのか、私がボケていたのか。


歌声にいちいち鳥肌が立つ。
あまり好きな声じゃないと思っていたんだけど、こう心が震えるというか。
『愛の讃歌』が一番好き。山下達郎みたいに軽やかに歌い上げるのも好きですけどね。
もっとステージでのシーン長く聞いていたかったけど、なんとも泣かされた。
本当に歌うことが人生だったんだねー…と、つくづく感じました。

いろいろ痛ましいことも起きていたけれど、祈りを捧げ「愛しなさい」と言える人生なんて相当素敵だよね。
そう思っていたのでラストの『水に流して』歌詞にはとても説得力を感じた。

エンドロールは最後に歌声を堪能出来る~と思っていたらどんよりとしたインストだったのが若干残念かな。

そうそう、目の見えなくなってたエディットが、回復して最初に見たものってあれ桜でしたよね?
なんだか妙にほっこりしました。いいな。
失明の原因が梅毒と真っ先に思ったのは内緒です。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

陽炎座

2008.03.30 *Sun
陽炎座
鈴木清順 監督
1981年 日本 139min

三度びお会いして、四度目の逢瀬は恋になります。死なねばなりません。
それでもお会いしたいと思うのです。


1926年、東京。新派の劇作家・松崎春狐(松田優作)は奇妙な美女品子(大楠道代)と知り合う。偶然は続き三度目の逢瀬の後にそのことをパトロンである玉脇(中村嘉葎雄)に打ち明ける松崎だが、玉脇家の一室が品子と会った部屋に酷似していることに気付く。数日後、松崎は玉脇の家内と名乗る、品子と瓜二つの女イネ(楠田枝里子)と出会う。しかし玉脇によればイネは先日息を引き取ったという。それはちょうど松崎とイネが会う直前だった。


案の定、摩訶不思議…
『夢二』より、わけわからん度高いかも。
長めだし正直つらい部分もありました。


でもやはり印象的なシーン多いし女の人は綺麗。
着物を含め鮮やかな色彩は目を見張るものがあります。

加賀まり子、楠田枝里子なんて今の姿しか知らなかったからかなり驚いた!
イレーネの時の碧眼が人形のガラス眼のようで怖い。
あえてなのか当時の技術の問題なのか…


冒頭の品子の奇々怪々さ、イネとのコインのような関係の描写が好き。
少し百合くさいけどね。

原作:泉鏡花かあ。ほとんど読んだことないけどとっても納得。
夢と現を行き来していつの間にか魂吸われてたという感じですな。
CATEGORY : 邦画
THEME : 邦画 / GENRE : 映画
DATE : 2008/03/30 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

悲しみよ こんにちは

2008.03.24 *Mon
Bonjour Tristesse
フランソワーズ・サガン 著
フランス
朝吹登水子 訳
新潮社

奔放な父レエモンと2人で暮らす少女セシル。ある夏、彼女は父とその恋人エルザと3人別荘で過ごすことになったが、そこに亡き母の友人・アンヌが現れた。セシルたち父娘と対照的に堅実な性格のアンヌとレエモンは急速に惹かれ合い、一夜で婚約を決めてしまう。レエモンとの生活を壊されたくないセシルは、恋人シリルとエルザを引き込み、ある策略を実行する…


タイトルのせいか(?)ミステリーと思っていました。
いやあ、バリバリ思春期!でしたわあ。思春期もののわりには主人公年くいすぎとも思うけど
こういう青い毒をまともにくらったのはすごく久しぶり。くらくらする…
望月花梨が漫画化すればいいんじゃない。
同氏作の『泥沼ノ子供タチ』を連想させました。よく比べると結構違うんだけどね。
どんどこ映画化されてると思ったら、そうでもなさそうですね。いかにもフランス映画ぽい(個人的イメージ)のに。


シリルかわいそうに(苦笑)

良心の呵責の“ようなもの”と表したり、罪悪感というよりは悲しみと表現したり、そのあたりになんだか小悪魔を感じる。
自分の過ちと認めている一方、「仕方ない、あの人は禁を犯したのだから」とも言いたげな箇所もあったりして。怖い…

ハタチ越えた人としてひとつ無粋なコメントするならば、親父しっかりしろよ!だな。ひどいぜよ。


文章全体が夢見心地というか、良い意味でゆらゆら、追いつめられた感じ・閉塞感(しかも自らそれを望んでいる)が出ていて、とてもよかったです。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

亀は意外と速く泳ぐ

2008.03.23 *Sun
亀は意外と速く泳ぐ
三木聡 監督
2005年 日本 90min

片倉スズメ(上野樹里)はごくごく平凡な主婦。夫が単身赴任中である現在はペットの亀に餌をやるぐらいしかすることのない日々。平々凡々な生活と自分に嫌気がさしていたスズメはある日「スパイ募集」の貼紙を発見、思わず志願。事務所を訪れてみると某国のスパイを名乗るシズオ(岩松了)とエツコ(ふせえり)に「スパイにふさわしい平凡さ」と絶賛され、晴れてスパイとなることに。当面の指令は「具体的な動きがあるまで平凡にしていること」。しかしいざ実行しようとするとこれが難しく…


いやー…ゆるい。
いやゆるくならないわけがないとは思ってたけど。

小ネタは意外となかったなあ。
あ、ここでの小ネタというのは「多め亭」の」メニューのような小ネタね。
本作における小ネタというのはみんな主張している、というかスズメによって言及されており、それもいいけど私は自力で気付かなきゃいけない小ネタも好きなので。
三木監督は時を経て、小ネタのさりげなさの美学を見出したのだろうか…なんて。

キャストがそうそうたるメンバー。キャナメww
伊武雅刀×嶋田久作の公安体操なんて夢のような映像よね。
ちりとてちんの父ちゃん(松重豊)もそこそこラーメンなんて作ってる場合じゃないだろう!みたいな。


そんなラーメン屋の最後のラーメンとか、ラストでうっかりしんみりしてしまった。不覚!
意識して平凡に暮らす、というのがおかしかった。
スパイをすることになったスズメに声で「何かいいことあった?」て聞いてくれる旦那とか、愛を感じるさりげない喜びの瞬間では。
適当に観て、適当に笑って、適当にしんみり。する分にはいい作品じゃないでしょうか。
CATEGORY : 邦画
THEME : 邦画 / GENRE : 映画
DATE : 2008/03/23 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

マイ・ブルーベリー・ナイツ

2008.03.22 *Sat
My Blueberry Nights
ウォン・カーウァイ 監督
2007年 フランス・香港 95min

CINECITTA' CINE5
284s SRD/DTS/SRD-EX


失恋してしまったエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は恋人の心変わりを知るきっかけとなったカフェに出入りするようになる。カフェのオーナー・ジェレミー(ジュード・ロウ)は売れ残りのブルーベリー・パイでエリザベスを慰めてくれた。ジェレミーの優しさに救われたエリザベスだが、彼女は旅に出ることを決意。旅先で起こったことを手紙にしたためジェレミーの元へ送り続ける。


「ぬ、ぬるい映画だな」と観終わってまず最初に思いました。
どちらかというと好きな作品だったけれど褒めるのはどうかなあーみたいな(何様)

ノラ・ジョーンズの曲って聞いたことなかったんですよね。
気にはなっていたので今度聞いてみます。iPodいっぱいなんだけどさ…


以下はネタバレで
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

比類なきジーヴス

2008.03.20 *Thu
The Inimitable Jeeves
P・G・ウッドハウス 著
イギリス
森村たまき 訳
国書刊行会

シリーズ次作:『よしきた、ジーヴス』

漫画:『プリーズ、ジーヴス』

イギリス・ロンドンで気ままに生活しているバーティー。平和で穏やかな日々を願う彼だが、悪友ビンゴや従兄弟のクロードとユースタス、恐怖の権化アガサ伯母さん等珍奇な人々に囲まれ、いつの間にか騒動の中心にいることもしばしば。窮地に立たされたバーティーを救うのはいつもジーヴス、彼に仕える超有能執事である。


本国イギリスではホームズ&ワトソンに並ぶ名コンビがこのジーヴス&バーティーなんだそうです。
構図はホームズというよりドラえもん&のび太に近いけど(笑)
バーティーが困ってジーヴスが助ける、という上に述べたあらすじ通りのことのひたすら繰り返し。
愛すべき安らぎのマンネリ。

とんにかく文がくっどーい!
いかにも海外小説、翻訳文、という感じがします。どうやら訳のせいだけではないらしく、原文そのものが饒舌みたい。
要約すれば相当短くなる事柄が長ったらしく記してあります。
話自体は難しくないのに、読むのに妙に時間がかかる。
でもそこが魅力でもあるようです。


絶対ジーヴスが助けてくれるんだろうとはわかっていても、凡人にはどう助けるかが全然わからなくて、ええジーヴスはどうするの!?と次々ページを繰ってしまいます。
ジーヴス、すてきだ。。
彼を四文字熟語で表現するとすれば、冷静沈着・頭脳明晰・慇懃無礼
主人に対して完璧な助力をしておきながら、恋人やお金とちゃっかり自分のことにも抜け目なく(Chap.2のラストは衝撃的だ!)、そしてバーティーを全く敬ってなさそうwなところがいいです。
タメ語を話すシーンとかこれから出てこないかな。ちょっとドキドキすると思うんだ(←バカ)

バーティーはアホの子ですが、まあ切れ者には見えませんが、周りがひどすぎるのでアホというよりはなんだか気の毒な人だなあという印象。最後なんか特に。
ジーヴスを素直に自分より優れていると認めてぽややんとしているのは美徳でもあり気の毒でもあり。
そしてファッションセンスもどうやら気の毒な感じで…
ここで一歩も退かないジーヴス、我を通そうとする(けど結局負ける)バーティーの対立が大変おもろい。
電車の中で何度ニヤニヤしたことか!

ビンゴ、クロード&ユースタスに関しては、なんだかんだ面倒見てるバーティーもすごいしここまで厚顔無恥なのもすごい。
たまに本気でイラつきつつ読んでたよ。
ユーモアセンスが足りませんな…


こんな感じで話が面白かったというよりキャラ萌え(…)で読んでたような気も否めないのが正直なところでありますが、どんどん次持ってきて!と読みたくなります。
再読気分にはあまりならないけど、ざかざか。
ストーリーに関してはきっとイギリスユーモアを完全には理解できないていうのもあるんだろうな。
うーん、ボーダーを感じなくもない。

ところで今回これを読んだのは漫画化されると聞いたからなんですけど、これやばいっすね。
おまぬけコメディ×イギリス×やや時代物×勝田文…おいしすぎるよ!
雑誌を買う誘惑に毎日襲われてるんですけど単行本出るまでなんとか我慢です。
隔月の雑誌らしいので出るのにまだまだかかるよね。
早く出ますように。それ以前の問題として打ち切られませんように。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

カラマーゾフの兄弟

2008.03.17 *Mon
Братья Карамазовы
フョードル・ドストエフスキー 著
ロシア
原卓也 訳
新潮社

若い頃から欲望の赴くままに放蕩生活を続けていたフョードル・カラマーゾフには3人の息子がいた。情熱型のドミートリイ、知的なイワン、敬虔なアリョーシャ…さらに料理人のスメルジャコフはフョードルの私生児と噂されていた。かねてから長男ドミートリイはフョードルと不仲で、グルーシェニカという女性をめぐり争っていた。ある日ドミートリイは嫉妬に駆られ父の家へ忍び込む。そして彼の逃げ去った後にはフョードルの撲殺死体が横たわっていた。


やっぱり読みにくいなあ…名前長いしバリエーション多いし。
(名前といえば最初に気になったのは、父フョードルのファーストネームがドストエフスキーと同じなこと。意味深…
ちなみにフョードルのモデルはドストエフスキーのパパンなんだってさ)
しかもキリスト教ですか。わからんちん(´・ω・`)
だけどなんだか一回乗ると読んでしまいますね。寝るときは寝てたけどさ…

ひとつひとつのエピソードはそれなりに面白いかもと思いながらも、いまいち点と点、リンクがわからずばらばらとした感じがしてました。
まあそれが収束していくのが魅力の一つではあるんですが、そこにいくまで結構かかってしまったなあ。


裁判以降はさすがに加速しました!ところでネタバレ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ルーヴル美術館展

2008.03.16 *Sun
ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美
東京都美術館

日本人ってふらんせとかるーぶるとか好きだよなー。そんな私もその一人。
だけど覚悟していたよりかは混んでなかったかな。
若い男の人二人連れ、てのが結構いたなあ。こういうところだと大抵カップルでしか見ないんですけどね。


意外と中華・ジャポニズムな雰囲気の物があったのが驚きだった。
自分の中のイメージになかったので。
黒檀の家具なんか鹿鳴館~な格好した女性がそのそばに立っている画を妄想しちゃったりしてたまりませんなあ!な感じでした(わかる方だけわかってください)

コンソールになぜかとっても心惹かれます。
マリー・アントワネットの寝室にあったという物書き机も、シルエットというか佇まいが美しかった。


絵画ではブーシェのヴィーナスの絵が綺麗だったなあ。
目がくりくりっとしてて、少女漫画チックな気もしたけれど。
ポンパドゥール夫人の肖像もとっても美人!
その一方ヴェルトミュラーの描いたアントワネットは、本人に似すぎていて欠点まで忠実だったためウケが悪かったそう。
それでもってそうなったのも「わかる…」な絵なんですよね。おもろいな。
上からリンクはってるサイトで観られるのでぜひ。

ところで完全余談ですがポンパドゥール夫人がルイ15世の寵姫て初めて知ったかも…
だってルイ15世の愛人といえばまずはデュ・バリー夫人じゃないですか(ベルばら効果)
あと、15世が内気とか書いてあったけど、それも意外だったなー。“最愛王”というフレーズも知らなかった。


今回うひょひょだったのは嗅ぎ煙草入れ。
3~4つ並んでいるのが目に入った瞬間、キタ━(゚∀゚)━! と思ったね。
細かい!細かすぎる!
繊細な絵や細工は底面にまでしっかり。
ふんだんに鏤められた石でまぶしいまばゆい。
至福…ひとつほしい…

書き板(象牙で出来たメモ帳的なもの)ケースもうっすいジッポのような形をしていて、おっされ。
竜頭にさりげなくダイヤが入った懐中時計とか、いちいち、贅沢!


最後のセクションであるマリー・アントワネットをテーマにしたあたりでは当時の風刺画があって、それも面白かった。
女性の頭(髪型がものすごいボリューム)を支える従者とか。
一番見ごたえあったのはポスターにもなってる携行品セットですね!
おままごとセットじゃないけれど、そういうこちゃこちゃした感じがとても乙女心をくすぐる。
しかも自分のイニシャルがモノグラムになって入ってるんですからね。うっきうきですね!
現代のピクニックセットよりちょっと大きいぐらいを想像していたのでそのでかさにも驚き。


会場限定のスイーツ!と銘打ってたマカロンが気になったけど、「気になる」レベルで買うにはお高く断念せざるを得なかったざます…
さらにどうでもいいですが今回のイメージカラー“ショッキングピンクに水色”、最初どんなセンス?と思いましたが見慣れるとすごい可愛いね!深キョンの世界!
『マリー・アントワネット』の影響かな便乗かな。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

花様年華 ―再上映鑑賞メモ

2008.03.09 *Sun


スクリーンで観たいなあとお正月の日記で書いていましたが、思ってたよりずっと早く願いが叶いました。
ありがとう早稲田松竹(153s SRD)
願望はどんな風にでも形にしておくといいみたいですね。結婚したいな(え)
パンフも欲しかったけどしょうがないね。


『夢二のテーマ』がいささか大音量すぎな気もしたけれど(音割れてたかも)重低音が全身に響き渡って、バイオリンの高音が耳をつんざいて至福のひとときでした。

あ、夢二カウントをしてみたところ、間違ってなければエンドロール除いて8回!!
そういえばDVDの夢二のテーマコーナーもやたら多かったなあ。
でも8回とはすごくないすか。
98分の映画で8回て。12~3分に一度流れる計算ですよ。
2人の逢瀬だけでなく、それぞれ一人でいる場面でも結構使われてたんですね。


どんどこネタバレ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

朝ドラトーク

2008.03.08 *Sat

草々氏
比較的物語を象徴していない画像です


最近は出勤が遅めなのでわりと観られている『ちりとてちん』。おもろいです。
貫地谷しほりカワイイ。てかうまいわ~。
やっくんに似ているとか書いてすみません。
徒然亭一門のすっとぼけた掛け合いも楽しい。
そして和久井映見と京様のシーンも好きだ。
終わり間近で寂しいけど最後まで楽しみにしてます。

今回のヒロインは純朴なのはいつもどおりですが、うじうじしたりするところが新鮮て言われてますよね。
いつものヒロインと違う部分、というのは私の歓迎するところです。
“前向きで明るく、失敗もやらかすけどみんなに好かれていて、ややおせっかい”ていう朝ドラヒロイン像大嫌いな私としては(笑)


過去の記事を見てみるにどうやらこのブログを始めた時期は『純情きらり』をやってたみたいですね。
これはストーリーはほとんど印象残ってないけど(あ、ラストそりゃないぜ(ノд`)とは思ったかも)とにかく宮あおいが可愛かったので朝にふさわしいっていう点で好きでした。
そのあとの『芋たこなんきん』も笑いがちりばめられてて面白かった。
そして前作『どんど晴れ』が見事私のアウトゾーンにストライク(←どっち)だったなあ(笑)
万事“おもてなしの心”で解決する気かよとつっこみたくなる脚本だった気がする。
上に述べたヒロイン像ドンピシャですよ。夏美さんは美人だったけどね~。
なんだろう自分と真逆すぎてコンプレックス過多→イラつきになってたのかしら。
かといってライバルも特に応援してなかったですけど…

そういう意味で印象に残っているのが『こころ』。
ストーリーさっぱり覚えてないですが、友人の不倫に対して「それはあの子の問題で私はどうこう言えない」的な態度をとってたような記憶があります。
往年のヒロインなら「絶対だめだよ!不倫は悪いことなんだよ」で見せ場でしょう。相手のところ乗り込んじゃったりもするかも。
でも実際は一言忠告で精一杯だよね。
というわけでこころもちょっと高評価だった気がします。て記憶違いだったらどうしよう(´-`)
あと、玉木宏もかっこよかったし。


そういえば『鹿男あをによし』気になってたのに一回も観てないや…夜ドラは全滅です。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ラスト、コーション

2008.03.02 *Sun
色、戒/Lust, Caution
アン・リー 監督
2007年 アメリカ・中国 158min

Bunkamura ル・シネマ シネマ1
150s DS/SR/SRD

アメリカ映画でいいのかよくわからんちんですがいいですよねどっちでも

日本軍の占領下に揺れる上海。本土から香港に逃れてきたチアチー(タン・ウェイ)は愛国青年クァン(ワン・リーホン)らと知り合う。ある日クァンは日本の傀儡政府高官イー(トニーレオン)の暗殺を画策、チアチーも計画に加わることとなる。イーが上海へ戻ったことにより計画は頓挫したが、3年後チアチーの前に現れたクァンは再び彼女の協力を求めてきた。


だからBunkamuraはBEで割り引かれるんだってば!
今度またのたまうようなら怒ってやる!!(超私怨)

大入りだったなあ。
足元見るかのように予告編長かったなあ。ただでさえ本編長いのに…
あと映画観るのに時計のアラーム消さないで居続けるってなんなの~。


無駄に長く、ネタバレ
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

ライラの冒険 黄金の羅針盤

2008.03.01 *Sat
The Golden Compass
クリス・ワイツ 監督
2007年 アメリカ 112min

CINECITTA' CINE12
488s SRD/DTS/SRD-EX/THX


舞台は我々の世界とは似て非なるパラレルワールド。そこでは人々は魂ともいうべき存在のダイモンを連れている。この世界のイギリス・オックスフォードに住む少女ライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は12歳のおてんば娘。叔父のアスリエル卿(ダニエル・クレイグ)の後見のもと寄宿舎で暮らしていたが、ある日コールター夫人(ニコール・キッドマン)の誘いにより北方に旅立つこととなる。かたや街では次々と子供が消える事件が続発していた。親友のロジャー(ベン・ウォーカー)も姿を消したと知ったライラは、自ら友を救おうと調査に乗り出す。


チネ、首位転落しちゃったんだね…(´・ω・`)
だけど私はあなたが好きです。
水曜や1日もポイントつけてくれたらもっと好きになると思います(どさくさ)(前も書いてるしな)
もしくは有効期限無期限とか。


ライラ役ダコタ・ブルー・リチャーズがとってもよかったです。
いかにも子供っぽいかわいらしさはないけど、どこか魅力的な顔立ち。
ニヤリとした顔がすごく好きです。

んでライラのキャラクターもいい。
知的で、勇敢というのはファンタジー主役のお約束ですが、したたかさがよかった。小気味いい。
本作は私の中でわりと高評価なんだけど、ライラによるところが大きいなあ。

パンも可愛かったなあ。
なんだかダイモンがミミズとかゴキブリだったらいじめられそうよね、とかどうでもいいこと考えながら観てました(…)


ここらでネタバレ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
03
3
4
5
6
7
10
11
12
13
14
15
18
19
21
25
26
27
28
29
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

02 | 2008/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。