This Archive : 2007年12月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

スイッチ

2007.12.30 *Sun
スイッチ
望月花梨 著
日本
白泉社

名倉絅(けい)は昔から“先生”が苦手な中学3年生。親友の梢は担任の広田先生に恋をしているが、彼のことも例に漏れず避けがちだった。ある日梢は不注意から広田に怪我を負わせてしまうが、その事故をきっかけに絅の先生に対する見方が少しだけ変わって…


思春期といえば望月花梨、望月花梨といえば思春期。
それでもって望月花梨といえば毒。
私の中でそういうイメージなのですが、これは彼女の作品の中で一番毒気は薄い作品かも。
クセはかなりないですね。

どちらかというとそういう毒気より、この作品はチラリズムによるエロティシズムの探究、て感じ。
そして私チラリズム大好物ですから(笑)
それこそ全然そういう描写ないのですよ。でもえろいの。
先生+生徒もの、という使い古された設定だけど、この設定からして抑圧を生んでる。
お互いの想いやら我慢やらがぎりぎりまで蓄積されて、ものすごい色気がにじみ出てます。


主人公のケイちゃんがとっても可愛い。
主張激しくなくて健気で好感が持てます。
それでもさすが望月花梨というべきか、やっぱりはしばしで10代なんだよね。
この年頃にしては大人な彼女だけど、それでいてあの時代特有の自意識過剰とか痛さとかそういうのがあって。
それと雨の校舎とかの描写があいまってものすごく郷愁めいた思いに駆られます。

雨の校舎の他に雪で薄暗い特別授業、逃げ水の回の境界を感じるケイちゃんの表情、「きっと忘れない あの気持ちが向かっていく感じは」
他にもあるけどこれらのシーンは本当に秀逸!

広田の大人ゆえの怖さ?あの回は初見のときよりリアリティを感じられたな。
これも年取ったからかしらね…もはやケイちゃんより広田に年近いんだよね自分(ノд`)

本来こういう漫画はケイちゃんと思いが同化して広田にきゃあきゃあいうテンションなんでしょうがこれはどちらかというと広田…というかおっさん目線になりケイちゃんにでへでへする感じです(えー)
おかしいな…今はともかく初見のとき私未成年だったのにな…


上に述べた探究の成果は最終回で開花してますね。
最初は何も考えずフンフン読んでたけど、深読み意見を知ってからはあらゆる描写がその仮説に繋がっていってもう心憎すぎる!どきどき。
そして2巻のおまけ見開きね。もう一つの開花。あれはすごいよ!!
当時2chは小さなお祭起きてたよ(笑)
スポンサーサイト
CATEGORY : 漫画
THEME : 感想 / GENRE : アニメ・コミック
DATE : 2007/12/30 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

やわらかい手

2007.12.23 *Sun
Irina Palm
サム・ガルバルスキ 監督
2006年 イギリス・フランス・ベルギー・ドイツ・ルクセンブルク103min

Bunkamura ル・シネマ シネマ1
150s DS/SR/SRD


7年前に夫を亡くしたマギー(マリアンヌ・フェイスフル)。彼女の生きがいである孫オリー(コリー・バーク)は難病に冒され、莫大な治療費を必要としていた。息子夫婦(ケヴィン・ビショップ、シボーン・ヒューレット)にもマギー自身にももう金は残されておらず、借金も職探しも断られてしまう。ある日ソーホーで“接客係募集”の張り紙を目にしたマギーは思わずその店に飛び込むが…


マリアンヌ・フェイスフル、『マリー・アントワネット』に出てたんですね…マリア・テレジア。
記事にもしっかり名前出しといて全然覚えてないですが。
アラン・ドロンと共演したという『あの胸にもういちど』のショットはとても綺麗だったなあ。

鑑賞後、思わず耳がキャッチしてしまったカップルの会話:
彼女「本当にあんな商売あるのかなあ?」
彼氏「それがあるんだよ~」
彼女「ええ~本当!? てか、やったの!!?
…うん、当然出てくるよねその疑問。
彼氏は否定してましたけどね一応


書いてたらほぼネタバレだったという
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

エンガワ(BlogPet)

2007.12.23 *Sun
ポトフは、大人へ延期するはずだったみたい。
でも、きょうポトフはエンガワはイメージしたかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ポトフ」が書きました。
CATEGORY : BlogPet
DATE : 2007/12/23 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

「第九」&「合唱幻想曲」

2007.12.22 *Sat
「第九」&「合唱幻想曲」
神奈川フィルハーモニー管弦楽団
神奈川県民ホール 大ホール

15日の第九もよかったけれど、それはそれとしてやっぱりオーケストラで聞きたい!
執念でチケット取った自分をちょっとすごいなと思いました。
並列して『敬愛なるベートーヴェン』の再上映情報も探したりしましたのよ。見つけられなかったけど。


今回はベートーヴェン2本立てで、前半がピアノと合唱の幻想曲。
初めて聞いたんですが、緩急自在で面白い印象を受けました。
案の定歌声には圧倒されてしまって。

ただ、やっぱり第九の印象が強すぎてね。
もったいないのかもしれないけれど今回はそれを聞きに来たんだからまあいいか。

あ、パンフの作品解説で「そしてこの流れは第九へと受け継がれ…」的なことが書いてあったんですけど、なるほど言われてみればそんな感じもする。
旋律の使い回しはこの巨匠の十八番、らしいけどまあ(゚ε゚)キニシナイ!


そして第九。
前日になんとなく予習をしてみたものの、それこそ使い回しだとか客の入りとか知らんでもいい情報仕入れてしまってアーハーだったのですが、そんな小さいことはみんな吹っ飛んでしまいましたね。
やっぱり生はすごいなあ。

いろいろな楽器の音が絡み合って高まる感じがなんともいえない。
また逆に、前回のコンサートが1種類の楽器だけで一つの世界を築いていたことに対して改めて感心したり。

今まで印象の薄かった第3楽章ですが、あそこだけ毛色が違ってまた素敵な感じですね。
ちょっと舟漕いでしまったけれど…
単純な私はやっぱり派手な方にひきつけられてしまいましたが。
第4楽章のクライマックスは何度聞いても思い出してもぞくぞくする。


iPodの音でも十分感激してしまうのですが、演者の激しい動きとかにも心は作用されてしまいました。
コンマスの人なんてほぼお尻浮いてたんじゃないかなw

印象深かったのは男声コーラスの方がひとり、かなり早い段階で顔真っ赤にして感極まってるよねあの状態 だったこと。
まあそりゃ聞いてるだけのこっちでさえ涙してしまうぐらいだから実際参加してる人たちの情動は言葉に出来ないものだろうなあ。
(演奏はプロの楽団さん、合唱はアマの方々だったのでした。
十分素晴らしい歌声だったけど「舞台慣れ」ていう段階ではないんだろうね)

あれだけ激しい感動を表に出していたのは一人だったけど、結構「ああ…」て思う人たちは他にもいた。
男性の方がそういう人多くて、女性は見た限り一人もいなかったのも記憶に残っています(笑)
CATEGORY : Music
THEME : クラシック / GENRE : 音楽
DATE : 2007/12/22 (Sat)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ゼロ時間の謎

2007.12.16 *Sun
L'Heure Zero
パスカル・トマ 監督
2007年 フランス 108min

Bunkamura ル・シネマ シネマ1
150s DS/SR/SRD


富豪の叔母・カミーラ(ダニエル・ダリュー)の別荘で夏を過ごすことになったギヨーム(メルヴィル・プポー)と妻キャロリーヌ(ローラ・スメット)。しかし別荘にはギヨームの元妻オード(キアラ・マストロヤンニ)がおり、屋敷は険悪な空気に包まれる。ある晩、カミーラの古い友人で弁護士のトレヴォース(ジャック・セレイ)が晩餐会に招かれやってくるが、翌朝彼は死体となって発見された。死因は心臓発作だがいくつか不可解な点が存在する。そして捜査に当たるバタイユ刑事(フランソワ・モレル)たちを尻目に第二の事件が起きようとしていた…


画面がなんだかラグジュアリーでそこだけでも素敵。
行きつ戻りつできない劇場公開映画という媒体で、未読のミステリーを私の脳がどれだけ理解出来るか大変不安でしたが、まあ最悪のアパパパ状態だけは避けられた気がします。

「殺人事件は、人々をある点に導く物語の結末に過ぎない。 その点こそがゼロ時間なのです」
「小説は事件を以て始まるが、事件とはあらゆる因子が絡まり合いそのゼロ時間まで進んだ結果」という論理というかベースが興味深かった。
ただ、それは全ての事件にいえることだからなんでこの事件のお話のタイトルになったのかまでは理解できなかっただよ…


まず新妻キャロリーヌからすごくクイズヘキサゴン臭を感じてしまいました。
あのけーわいっぷり。すごいわー。『山猫』アンジェリカ初登場の晩餐を思い出した。

元妻オードのキアラ・マストヤンニが美しかった!
陰鬱な顔で煙草をくゆらす姿が大人の女って感じですね~。色っぺい。

重苦しい空気を中和する役柄の執事&メイドは空回り気味の感もあったけどまあいんでない。
それよか刑事&甥のコンビが素敵w
「甥は萌えキャラだ!」と断言されましたし(゚ε゚)
彼らもマープルのような有名シリーズのキャラクターなんでしょうか??さっっぱりわからん。


これ以上ヘタにしゃべるとネタバレしそうなんで隠しておきますよ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

第九 華のピアノ・デュオ&ソロイスツ

2007.12.15 *Sat
第九 華のピアノ・デュオ&ソロイスツ ~2台ピアノによる第九~
樋口真千子 他
トッパンホール

まず私のミステイクからお話せねばなりません。
生の第九が聞きたい、だけど予定やら空席状況やら財政状況やらいろいろなしがらみのなか取れた今回のチケット。
うはうはして心待ちでした。
チケットを見直してみました。
ふとサブタイトルに目が留まりました。

第九 華のピアノ・デュオ&ソロイスツ ~2台ピアノによる第九~

~2台ピアノによる第九~

2台ピアノ による第九


…(´・ω・`)



オーケストラじゃないんかァァ!! ○| ̄|_


…こんな感じでテンション上がらず、わりと演者に対して失礼な心持で聞きに行ったのでした。
いや、かといってピアノだけでの第九、どんな感じになるのかしらとそれはそれで楽しみだったけど。


第九の前にピアノソロや各ソリストのソロがありました。
デュオで演奏されたホルストの『惑星』ぐらいしか知らなかったんだけどよかった。
こんなにピアノって表情豊かなんだなあ、と今更ながらに知る。
基本的には優しい繊細なイメージだけど力強いところはしっかり圧倒された。
そして歌ね。どこから声出てるんだろうて思うわ。
1人の歌声でなんであんなに圧倒されてしまうんだろう。

そして第九。
これもピアノだけのバージョンなんて聞いたことなかったし新鮮でした。
歌が入ってこっちのテンションもどんどん上がる。
隣の人にはうざかったろうけど全身が軽く痙攣起こしてた気がします…
だけどやっぱり主役はピアノなのかな。私のiPodに入ってる第九より歌の部分が少ない気がしたんですが…もっと聞きたかった。


コンサート自体はよかったです。きちんとコンセプトを理解していれば。
すべては自己責任ですが、やっぱりオーケストラ&大勢の合唱(今回は各パート1人ずつだった)で聞いてみたいなあ…!という思いを強くしました。。なんだかすみません。
CATEGORY : Music
THEME : クラシック / GENRE : 音楽
DATE : 2007/12/15 (Sat)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

続あしながおじさん

2007.12.15 *Sat
Dear Enemy
ジーン・ウェブスター 著
アメリカ
松本恵子 訳
新潮社

同シリーズ:『あしながおじさん』

ジュディは、かつて自分が育った孤児院ジョン・グリア院の改革権をプレゼントされる。実際に改革を行う院長として指名したのは、学生時代からの親友サリー。いやいや始めることになった仕事だが、徐々にサリーは院長としての実力を発揮していく。


いやー読書って楽しいですね! と久しぶりに思いました(苦笑)
つくづく自分は少女趣味だと再確認。再確認するのなんどめだナウシカ

邦題の2匹目のドジョウ狙ってます感がありありと感じられ、
(直訳で十分惹かれるのになあ。一筋縄じゃいかない感じが可愛らしいじゃないか)
加えてジュディが主役じゃないという時点で読む気皆無だったんですが、とても面白かったです。


以下はネタバレのつもりはないが微妙なところだよ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

林静一展

2007.12.09 *Sun
林静一展 1967-2007
八王子夢美術館

小梅ちゃんの横顔が可愛くて昔(といっても学生時代)から大好きで…
一挙に色々な絵が観られるってことでかなり楽しみでした。
そのわりに梅味のお菓子はあまり好きでない私

小梅ちゃん以外のワークはほとんど知らないのでいろいろ観られてよかったなあ。
シュールなのとか、軽くグロの入った感じなのもあったりして、そういうのにも妙に惹かれたり。
芸術に毒気は必須ですよね。

それでもより見つめてしまうのは少女達の絵。
特に和服の横顔の娘…とまさに小梅テイストのもの。
やっぱり可愛いんだもん。これが観たかったんだもん。
伏し目、指先の“しな”がたまらない。

小梅ちゃんの絵、というのはCMピンナップ?的なものだけだったんだけど数はたくさんあるし、ストーリーは乙女チックだしにやにやです。
歴代の小梅やら従姉妹たちやらの製品も集めてあってときめきました。
期間限定の従姉妹たちはそれこそ学生時代生協で必ず買ってましたな。
もちろん絵も可愛かったし、味も小梅より好きだった(…)

前から欲しかった画集を購入。観てると他のも欲しくなる…ヤバス




この日は林氏のサイン会がありまして、しっかり画集にサインを頂いてきました。
なんだか時間がかかるな~と思ったら、サインだけでなく絵も描いてくれてたんですね。
しかも全員違う絵。
ご本人も気さくなおっさん、という感じで、まあ会話らしい会話もしてないんですが優しそうな方でした。
ほくほくで帰途につく。どうもありがとうございましたーm(_ _)m
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ティム・バートンのコープスブライド

2007.12.02 *Sun
Tim Burton's Corpse Bride
ティム・バートン 監督
2005年 アメリカ 77min

親の命令により結婚することになったヴィクターとヴィクトリア。強制された相手ではあるものの、式の前日に初めて出会った二人はお互いに好意を持つ。しかしヴィクターは緊張のあまりリハーサルで失敗ばかり。きちんと誓いの言葉を言えるまで式は延期となってしまう。意気消沈のヴィクターは森の中で誓いの言葉を練習する。その瞬間、“死体の花嫁”が現れ、誓いを「お受けします」とヴィクターに迫ってきて…


エミリーが本当にかあいそうで…(ノд`)
ラストは救いの浄化なのかな。悲しくて綺麗だった。
とにかく女の子二人が健気だったなあ。
男たち情けないyo!ヴィクターのそれはもちろん優しさゆえでもあるんだけどね。


気の弱い二人の名前が Victor & Victoria という点が妙に静かにツボでした。なんだか強そう(←?)
そして生者より生き生きとした死者の世界ね。
バーキス卿との結婚の晩餐なんてお通夜のようだったもんなあ。

どちゃっと死者たちが蘇ってきたときの、再会たちがさりげなく好き。


画面は『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』同様こちゃこちゃと楽しげでよかったな。
ミュージカルだし劇場で観たらとことんどっぷり浸れそう。
CATEGORY : アメリカ映画
THEME : アニメ / GENRE : 映画
DATE : 2007/12/02 (Sun)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

状態は群舞したいです(BlogPet)

2007.12.02 *Sun
きのうポトフが、行動するつもりだった。
だけど、人たちみたいな終了するはずだった。
だけど、散歩しなかったよ。
でも、のぞみの史実とか記憶したの?
でも、行動とか関係するはずだったみたい。
でも、状態は群舞したいです。
でも、のぞみは進行しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「ポトフ」が書きました。
CATEGORY : BlogPet
DATE : 2007/12/02 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
24
25
26
27
28
29
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

11 | 2007/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。