This Archive : 2007年04月14日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

理想の女

2007.04.14 *Sat
A Good Woman
マイク・バーカー 監督
2004年 スペイン・イタリア・イギリス・ルクセンブルク・アメリカ 93min

戯曲(原作):『ウィンダミア卿夫人の扇』

いい女は2種類しかいない。
全てを知り尽くした女と、何も知らない女。

このキャッチコピーすき(・∀・)

バカンスを過ごすため南イタリアへやってきたウィンダミア卿(マーク・アンバース)と夫人のメグ(スカーレット・ヨハンソン)。初々しく仲のいい夫婦である彼らだったが、卿は謎めいた女性・アーリン夫人(ヘレン・ハント)と噂になり、メグは傷つく。そしてまた彼女にもダーリントン(スティーヴン・キャンベル=モア)という熱っぽく愛を囁く男性が現れるのであった。


前半だるめだけど思ったよりは退屈しませんでした。
景色とセレブに酔いしれるがよろし。
後半、小切手を見つけてからは物語が動き出すよ!


スカーレット・ヨハンソンかーわーいーいー。
こういう役合いますね。足ばたばたばた!
ウィンダミアの奥さまかわええ~のはもちろんですが、アーリン夫人、かっこよすぎるぜ…!
原作は若妻にげへへ(おっさん)が大きなウェイトを占めていたけど、今回は姐さんのあまりのかっこよさに屈服。

タピィ(トム・ウィルキンソン)が素敵だ…!
でもものずき…ていうかチャレンジャーよね。
ダーリントンのあのいけすかない感じもいいです。
ウィンダミア卿の謝罪のシーンはにやにやするよ。


結末を知らない方が悶々できたかなーと若干口惜しい気もしますが、そんなにどんでん返す(動詞形)気もなかったようで、十分楽しめました。

舞台が南イタリアと、この間見てきたばかりだったのも嬉しくて
一画面一画面がいちいち美しかったです。
冒頭も音楽とかかっちいかった~


以下ネタバレ
スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (2)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
04
3
4
5
6
8
10
11
12
15
16
17
19
20
23
24
25
27
29
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

03 | 2007/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。