This Archive : 2007年04月02日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

パフューム―ある人殺しの物語

2007.04.02 *Mon
Perfume: The Story of a Murderer
トム・ティクヴァ 監督
2006年 ドイツ 147min

CINECITTA' CINE6
244s SRD/DTS/SRD-EX


小説(原作):『香水―ある人殺しの物語』

待望のものに限って観る機会になかなか恵まれなかったりします。
ここまで年度始めにふさわしくない映画もそうそうなかろうと思いつつも無理くり鑑賞。

18世紀・パリ。この街に特異な嗅覚を持つ男、ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)が生まれ落ちた。ある日彼はえも言われぬ芳香を放つ赤毛のプラム売りの娘(カロリーネ・ヘルフルト)と出会うが、はずみで娘を殺してしまう。その日から彼の、究極の香水を求める旅が始まった。


いちゃもんに近いけど:
既に原作が「香水」という名で流布しているのに、なぜ訳さないのかしら。
時代物のカタカナ乱用って萎える。


いやーすごかった!こえー。
よく出来てると思うー。
かなり映画の世界にどっぷりはまった。
映像も具体的な表現でわかりやすい。
さすがにラストはちょっとわかりにくいかもしれませんけどね。しょうがないのかな。

具体的すぎて、撮影とか大変そうだ…
メイキングの方がきわどい映像になってそう(苦笑)
ていうか、これでもR-15なんだね。映倫よくわかりません。

ベン・ウィショー、好演、いや怪演。こええよ!
憑依してます、グルヌイユが。

あと印象に残ってるのは、バルディーニ(ダスティン・ホフマン)の笑えるぐらい幸せそうな死に顔。


なかなかの当たり映画だと思います!
難点は好きだと胸を張って言いづらいことです(笑)!


以下はネタバレであるよ
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
04
3
4
5
6
8
10
11
12
15
16
17
19
20
23
24
25
27
29
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

03 | 2007/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。