This Archive : 2007年01月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

巌窟王

2007.01.30 *Tue
巌窟王
前田真宏 監督
2004~2005年 日本 640minぐらい(え)

小説(原作):『モンテ・クリスト伯』
漫画:『巌窟王』

パリの子爵アルベールは親友フランツと共に赴いたカーニバルでトラブルに巻き込まれ、誘拐されてしまう。彼を救ってくれたのはフランツと謎めいた紳士モンテ・クリスト伯爵だった。圧倒的な富、そして存在感を持つ伯爵にアルベールは憧憬の思いを募らせてゆく。しかし伯爵の出現により、彼の周りが徐々に、だが確実に狂い始める…

『モンテ・クリスト伯』翻案もの第二弾。
本当に翻案という言葉がふさわしい。
別物ではないんだけど原作を頭においているとどうもねー。
でもこれはこれでありでっしょう!おもろかったですよ。

映像がなんというかあーちすちっくですね~
ちょっと目がチカチカするけどwとても個性的で綺麗です。
登場人物たちのビジュアルも奇抜ではあるんだけどどこかでイメージを守っていてくれる気がしました。
伯爵はね…“伯爵”というからにはオールバックがいいんだけど(個人的趣味)あのうさんくさい感じがとてもよろしかったです。
声が渋くてかっちいね!


本作がこれまでのリメイク物と一線を画している(らしい)のはなんといってもアルベールが主役、というところ。
復讐をする側からされる側に視点がシフトすることによって同じ事柄も大分違って見えてきますね。
伯爵かなりえげつないことしてたんだなーとか。
視点が伯爵側のときだともっとやっちまえ!とか思ってたんですけどねアハン
子供たちの自分たち何もしてないのにーという気持ちも、伯爵の何も知らずに裏切りの恩恵を受けてヌクヌク育ちやがってェェェていう気持ちもわかるようなわからないような。

そんなわけでモンテクリストものフフン~♪と軽く観てたんですけど、何気に原作よりどろっどろでしたね。
日本製の湿度を感じるよ(褒め言葉)。


以下ねたばれてくれよう
スポンサーサイト
CATEGORY : 邦画
THEME : 感想 / GENRE : アニメ・コミック
DATE : 2007/01/30 (Tue)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

のぞみの(BlogPet)

2007.01.27 *Sat
のぞみの、感じへ反逆された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「スフレ」が書きました。
CATEGORY : BlogPet
DATE : 2007/01/27 (Sat)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

パッション

2007.01.21 *Sun
The Passion of the Christ
メル・ギブソン 監督
2004年 アメリカ 127min

弟子ユダ(ルカ・リオネッロ)の裏切りにより反逆者として捕らえられたイエス・キリスト(ジム・カヴィーゼル)。凄まじい拷問の果てに十字架に磔にされるが、最期のときまでイエスは「父よ、彼らを許したまえ」と呟くのであった。


前々から義務にも似た感じで観たい観たいと思っていました。
ただ、開始直後に私、キリストについて大して知識ないことを思い出しました(´A`)
高校の世界史倫理と『ダ・ヴィンチ・コード』(←これを知識に入れていいのか)ぐらいだぜ…

おばかポイント
・メル・ギブソンが監督兼主演と思ってました…
・ローマ兵の首に巻いてるのが彬巻きに見えてしょうがない


映画とか創作物に対してあれやこれや思うのは自然なことだけど、それを個人ブログとはいえワールドワイドに公開するのってある意味傲慢だよなあ、と思いつつ普段はそれを無視していろいろ書き散らしてしまっています。
今回はことさらそう思ってしまうわあ。
知識ないのに加えて圧倒されてなんともはやです。

さあここからは映画にのっかってシリアスモードですよ!たぶん!

とにかく痛いシーンが多くてあれこれ考える前にうひゃあの嵐。
圧倒されているのも作品の重厚さからか凄惨なシーンゆえかは正直わかりません。

冒頭、結構キリストが怯えてる(ように私はとってしまた)のですが、捕らえられてからは別人のように毅然としていますねー。
「どうか彼らをお許しください」に、ただただ畏れ入る。

キリスト受難劇についてはなんとも書くことが出来ないんだけど、大衆、というか煽動というかの恐ろしさを第一に感じた。
殺人鬼を釈放せよ、磔にせよ、と熱狂的に諸手を挙げる人々…
ものすごく強烈でした。


悪魔とか、総督夫人とかわからないことだらけ。
それでも欧米の作品ってキリスト教が多かれ少なかれ関与してるので、折に触れて学べるようにしたいものです。
それにしてもモニカ・ベルッチはやっぱり綺麗ですね。うっとり。
CATEGORY : アメリカ映画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2007/01/21 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

SHINOBI

2007.01.19 *Fri
SHINOBI
下山天 監督
2005年 日本 101min

伊賀の忍者・朧(仲間由紀恵)と甲賀の弦之介(オダギリジョー)は敵同士の身の上でありながら、そうとは知らず恋に落ちる。両者の400年に渡る確執を取り除き平和に暮らしたいと願う二人であったが、時の権力者・徳川家康(北村和夫)の命により伊賀と甲賀は全面対決の運命をたどる。



出逢うの早!
くっつくの早!!


オダジョが普通の髪型なのを久しぶりに観てやっぱりかっこええなーと思いました。
でもこの作品に関しちゃあまり演技派とは…思えn

なんというか、つっこみどころ挙げてったらまんま実況中継状態というか。
実況中継したらつっこみしかしてないじゃんお前というか。
そういう状況になってしまったので割愛です。

そうするとわりと書くことがない。


聞いていた評判があまりよくなかったのでオダジョ×仲間と風景に酔いしれる、ことしか期待してませんでした。
そういう意味では予想通りでまあ満足。
二人の決戦の前の空、紫がたまらなく美しくてよかった。

あと朧の最後の行動は予想してなかったので驚きつつもちょっときてしまった。
ラストカットも綺麗なので、まあいいんじゃない。

薬師寺天勝(椎名桔平)のエピソードというか事情というか、は中々面白かったかも。
ただ、仲間由紀恵+椎名桔平って…それって…
未だ私、 椎 名 桔 平 岩 の 呪 縛 にかかっているのだと痛感した次第。
忘れられない被害者がここにも。
CATEGORY : 邦画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2007/01/19 (Fri)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

Dearフランキー

2007.01.19 *Fri
Dear Frankie
ショーナ・オーバック 監督
2004年 イギリス 105min

リジー(エミリー・モーティマー)は母ネル(メアリー・リガンズ)と共に9歳になる息子フランキー(ジャック・マケルホーン)を連れ夫(カル・マカニンク)の暴力から逃げ続け、今また新しい街へ越してきた。「パパは船乗りで、アクラ号という船で世界中を回っているのよ」本当のことが言えず、嘘を重ねるリジー。そして新しい土地にも慣れた頃、アクラ号が寄港するというニュースが舞い込んだ。


初見の時はストレンジャー役ジェラルド・バトラー祭だったんですよね~(遠い目)
今回は冷静な視点で観れたかな。


とにかく役者揃いですね。
ジャック・マケルホーンがほんっとうに演技うまい!!
すっごい難しそうな役なのに。
リジーがネル、マリー(シャロン・スモール)と歌っているのを「感じて」いるシーンが特に好きです。

これ見よがしに補聴器を付けるシーンが印象深い。
滑稽でおかしみのあるシーンなんだけれどなんか私は笑える立場にあるのかな…とか考えてしまう。
あのおばさんと同じ行動をとってしまいそうで。ちょっと怖い。

「ママには僕がついてるからね」頼もしくて、そして可愛い。きゅん。
本当に賢い子だなあんた。

ジャックだけじゃなくて子役みんな可愛いんですよ。
お目々くりくりで小生意気で。
カトリーナ(ジェイド・ジョンソン)の「女は秘密が大好きなのよ」もいいけどやっぱりリッキー(ショーン・ブラウン)ですな!
ドアの前で踊ってるのがたまらん。

ジェラルド・バトラー登場って本編開始40分後なんですねー。
低い声と大きな手にぎゅんぎゅんするぜ…
寡黙だけど全身からあたたかなオーラが立ち上っていていいすな。

ストレンジャーによりフランキーは救われたのだけれど、その何倍もリジー自身が救われていたんだなあと今回観てみて思いました。
いつ夫が自分たちの居所を突き止めるかという恐怖、フランキーの将来への不安、気の休まるときはなかったんじゃないか。
自分が息子と母を支えなければいけないと始終思っている人の前にああやって寄りかかれる人が現れたらねえ。ねえ。
エミリー・モーティマーかわええ。そして役者。
ダンスシーン好きだ(´▽`*)


背景というか画面が素敵~と思って観てました。
昔のジブリのような。現代物だけどクラシックな感じ。
グラスゴー派の絵画の色調を参考にしてるとか。綺麗なんだ。

結構ヘビーな舞台設定なんだけど、画面全面、映画全編から優しさ、おとぎ話性を感じる。
うまく言えないんだけど「なんかいい気分」で観られる作品ですね。
CATEGORY : イギリス映画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2007/01/19 (Fri)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

大奥

2007.01.17 *Wed
大奥
林徹 監督
2006年 日本 126min

CINECITTA' CINE7
244s SRD/DTS/SRD-EX


――大奥は、女の牢獄でございます――
(書いてみたかっただけ)


七代将軍徳川家継(渋谷武尊)の御世、大奥の勢力は将軍生母の月光院(井川遥)派と先代将軍の正室・天英院(高島礼子)派に二分していた。月光院のスキャンダルを耳にした天英院は罠を画策、「色の刺客」歌舞伎役者・生島新五郎(西島秀俊)を月光院派である大奥総取締・絵島(仲間由紀恵)のもとへと差し向ける…


観るつもり皆無だったけど西島秀俊が出ると知った途端行く気まんまんまん。
なんか好きなんです。あのだめそうな感じが。

菅野美穂版以来の大奥。
悲劇の美女、絢爛な衣装、女の情念、となかなか面白く観てたんですけど主役が変わった途端誰で目の保養をしたらいいのかわからなくなって観なくなったのでした。
今回、ドロドロ部分はかなり減弱されてたんじゃないかなあ。


とりあえず、
反月光院派怖すぎるYO!
天英院をはじめ蓮清院(松下由樹)、法心院(木村多江)、宮路(杉田かおる)、滝川(浅野ゆう子)…一人ずつでも十分怖いのに「敵の敵は味方」思考で結束しちゃってるものだからもんのすごい怖いです。目で殺される。
私が絵島の立場にいたらわざわざ嵌められなくても寝返ってるよ(駄目)

女の怖さ、浅はかさはひたすら仲間由紀恵以外の女優が担当という感じ。
情深く、潔く、女の美徳のみで構成されたような絵島ですが、それを嫌味に感じることなく応援目線で観られたのでよかった。


想像よりかなり楽しんでしまった。
パンフ買ってしまいましたうふ。うっかり。

それにしてもエンディングテーマがびっくりするぐらい合ってなかったです。
もうちょっとマッチするだろうとは思ってたのになあ。

そしてやたら携帯バイブがブーブー鳴ってて萎えました。
無音のとき必ずといっていいほどどこかしら鳴ってた… orz
本当お願いだから電源切ってください。

炎上×おなじみのアアアアアアアーアア~♪というBGMはテンション上がるね(・∀・)


ねったばれるYO
CATEGORY : 邦画
THEME : 大奥 / GENRE : 映画
DATE : 2007/01/17 (Wed)
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

BESTYO

2007.01.16 *Tue
BESTYO
一青窈
コロムビアミュージックエンタテインメント

『ハナミズキ』と『かざぐるま』がとにかく好きで入手したての時はこの2曲ばかり聞いてました。
シングル音源あるのに…
最近やっと全体を聞くようになって、私一青窈かなり好きらしいということがわかったので記事書いちゃいます。

有名どころしか知らなかったんですけど、いやほんといいですね。
ベスト出てくれてありがたかったです。

以前からのお気に入りだった前述2曲のようなしっとりも大好きなんですが、今回初めてちゃんと聞いた『江戸ポルカ』とか『金魚すくい』の変り種?もかなり好き。
ああでも『指切り』も『さよならありがと』も好きだし。言ってるときりないですね。
ここまで気に入ると思わなかったよ。

今回のめっけもんは江戸ポルカかなー。いまさら。
こういう和の微(じゃないって?)エロテイストは好きなんだ…けへへ(危)
今度カラオケ行ったらぜひてとしゃんしたいですね。私の実力からいくと玉砕ほぼ確実だけど。
ようつべのPVが消えてら…くすん

そしてかざぐるまはつくづく名曲…(ノ▽`)
なぜ映画『蝉しぐれ』のイメージソング止まりでテーマソングではなかったのかと未だに口惜しいです。
絶対エンドロールで流れてたら号泣してた。
原作でもいいと思うんですが、より恋愛色が強い映画版とは最高にマッチしてたと思うんだけどなあ…!ああ…


ベストアルバムって初心者にはいいと思うけどファンにとっては再録だから微妙な位置ですよね。
でも結局買ってしまうファンも多いと思う。
そういう意味では新曲が入ってるのは嬉しいだろうなあ。
でもむしろいやらし戦略なのかなあ。
いや今回モロベストの恩恵受けてる私が考えることじゃないんですけどね。
なんかこういうのって気になっちゃって。

というわけで『てんとう虫』も素敵でした。
本当ベストなだけあってお得なCDでございました。
どうでもいいけどついこのあいだまでべすとよーと読んでいました。
うーん、いつもに増して中身がない記事だ。


(070119追記)
ハナミズキについてつらつら語りたかったのに忘れてたので追記。

これはただのけなげな失恋ソング?だと思ってたんですけど、それでも十分染みてたんですけど、テロの報道を受けて創られたという情報とそれをふまえた解釈を読んで聞いたら本当に泣けた。

――戦乱の世に巻き込まれて犠牲となった〈僕〉だけれど、その「我慢」が無駄にならない平和な世界、〈君〉と、ふたりの間に出来た子供(〈好きな人〉)が「百年」笑って暮らせる世になりますように。

解釈だけでも泣けそうなのにラスト「僕の我慢がいつか実を結び」と昇華するように歌われてしまっては手も足も出ません(ノд`)・゚・。うぅ。
本当に名曲ですね。


なんでこういう感想ぽい感想書き忘れるんだろう。
CATEGORY : Music
THEME : 邦楽CDレビュー / GENRE : 音楽
DATE : 2007/01/16 (Tue)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

エリザベス

2007.01.12 *Fri
Elizabeth
トム・マクレガー 著
イギリス
野口百合子 訳
新潮社

映画:『エリザベス』

3歳の時に母が処刑され、21歳の時には反逆罪の疑いで身柄を拘束される。イングランド王女という身分ゆえ常に渦巻く陰謀と計略に巻き込まれてきたエリザベス。数奇な運命をたどりつつも王座を手にした彼女だが、それは終わりではなくすべての始まりであった。


最近電車で寝てるばっかりで全然本読んでませんでした…
そんな感じで記憶飛び飛びの駄目読書期間を経て読了。

映画を前から観てみたかったんですけどね、英語に暗い私はとても不安だったのです。
(理由はここらへんから適当なページとんではははんと思っていただければ幸い)
だからノベライズを見つけて、訳者が御大ではなくて、嬉しくて即買い(Bックオフだけど)して読んでみたんです。

裏切られた!!

なんというか映画でやっちまったらしい箇所が見事に踏襲されてる雰囲気です。
あれ実はなっち正しかったの??
頭の中はクエスチョンマークと驚愕と憤慨でいっぱい。
なんのために映画避けてたんだ…がっくし。


わかってもらいにくいがっくり感に隠れてネタバレしつつ本編感想スタート。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

スウィングガールズ

2007.01.06 *Sat
スウィングガールズ
矢口史靖 監督
2004年 日本 105min
やっぱり山田花子に似てるな…このジャケ特に

舞台は東北地方のとある高校。吹奏楽部員が食中毒に倒れ活動不能となる。難を免れた部員の拓雄(平岡祐太)は食中毒の原因である落ちこぼれ組友子(上野樹里)らをピンチヒッターに引き込む。補習をサボるためいやいやながら参加した友子たちだが次第に演奏する楽しさに目覚めていく。しかし、ほどなく部員たちは復帰し彼女たちはお払い箱に。演奏の楽しさを忘れられない友子たちは…


なぜか新年2連発で食あたり映画(違)を観ることに(もうひとつの食あたり映画は→こちら

やっぱり音楽っていいですね(水野晴郎?)
音楽を聞いたり踊りを観たりしていると、そっち方面の才がない自分がもどかしいよ。


意外と音楽に目覚めるの早かったなあ。
そしてつくづく、学校から離れると何をするにもお金がかかるねと(そういう映画じゃありません)

冒頭の女子高生の傍若無人ぷりをあまり楽しめなかったのは私が年取ったからだろうか…
ほほえましくとれるほどには大人にもなってなく。

けっこうそんなばかなの嵐が吹き荒れますねw
でもあっさりブランド品売っぱらっちゃうところとかかわいいじゃないの。
猪撃退!もうけました。

作中一番笑ったのは兄弟デュオ(眞島秀和・三上真史)。
『失恋してもLovin' you』でしたっけ?笑いこらえすぎて泣きそうだったよ!
野球部の先輩(福士誠治)もいいですね(きらりの達彦さんDA)!
ていうか男の子がんがれ!女子強すぎ。
拓雄くんもハンカチ使いとかね。先取りだね。

上野樹里はまってますね~。役者魂。
試食のシーンがかわいい。うけた。
良江ちゃん(貫地谷しほり)が桜塚やっくんにしか見えなかったんですけど私だけですか…?
彼女も可愛いね。キャラが(強調せんでも)
そしてこちらでもタクトをふるうミルヒー(笑)

自分自身の体験はもちろん、作品としても校舎とか制服というのがかなり遠い存在になっていたのでそれだけで新鮮で甘酸っぱいでありました。
教室で机に座って、制服姿で楽器吹いてる。これだけでなんか(・∀・)イイ!
セーラー×学ランいいですね!
しかも変形でない正統派。一番かわいいしかっこいいよ。
一緒にキーボード?を持ってくところとか無駄にきゅん。
いやたまらんですねけへへ
…アラ?おばはん視点(むしろおっさん)?


感想から離れたので一気に戻りますよ。
そんな(どんな)感じでラストの演奏シーン。
普通に他校の演奏を楽しんでいたので彼女たちの演奏を楽しめなかったらどうしようとも思っていたのですが杞憂で終わってよかった。
本当にかっこいいですね!
お約束といえばそうですけどあの緊張感とか結束感とかが音楽と一緒に高みにのぼっていくのが気持ちいい。
あの兄弟や達彦さん(呼ばわり)たちの派手な反応も楽しい。
何も考えず素直に楽しめました♪
CATEGORY : 邦画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2007/01/06 (Sat)
COMMENT (2)  TRACKBACK (3)  EDIT | 

とか考えてたよ(BlogPet)

2007.01.06 *Sat
こないだ、のぞみが
お初が福袋というのも私らしいというかなんというか(福袋)
いつもかわええかわええなーと思いながら観るばかりだったのでうれひいな。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「スフレ」が書きました。
CATEGORY : BlogPet
DATE : 2007/01/06 (Sat)
COMMENT (3)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

武士の一分

2007.01.01 *Mon
武士の一分
山田洋次 監督
2006年 日本 121min

109シネマズMM横浜 シアター9
322s SRD/DTS/SRD-EX


藩主の毒見役を務める下級武士・三村新之丞(木村拓哉)は味気ない任務に嫌気がさしながらも妻である加世(檀れい)と幸せに暮らしていた。ある日毒見の際に口にした貝の毒にあたり生死をさまよい、一命は取り留めたものの失明してしまう。失望する三村だが加世の支えもあり生きることを決意。しかし叔母の以寧(桃井かおり)から、加世が茶屋で男と密会していることを聞かされる…


派手なシーンないだろうな2時間ぐずらないかな私(いくつだよ)と心配してましたけど全然平気でした。
丁寧に描いているなという感じがとても伝わってきた。

正直俳優・木村拓哉って私の中であまり評価が高くなかったんだよね~。
でも今回は鄙の言葉遣いもあってか、普通に三村新之丞として観られました。
顔が綺麗すぎるってのもあるけどそれはいたしかたなし。

毒見のシーンでも同僚たちと比べてキムタクが一番所作が綺麗な気がした。
このお毒見シーンのマンネリ具合とか好きだ。


以下ネタバレンヌ
CATEGORY : 邦画
THEME : 武士の一分 / GENRE : 映画
DATE : 2007/01/01 (Mon)
COMMENT (2)  TRACKBACK (4)  EDIT | 

謹賀新年

2007.01.01 *Mon

newyear
あけましておめでとうございます!


新年早々センス疑われる画像で失礼いたします。
去年もあっという間の一年でした~年々年取ったり年越したりする実感が薄れゆくんで恐ろしいです。
あれ、マイナスな書き出し…

なにはともあれ年明けおめでたい!
今年は個人的にいろいろ変化が起こるだろう年なのでびびりつつも楽しみです。
ブログのほうもマイペースで細く長くやっていけたらいいな。
素敵な作品に出会えることを祈りつつ。

今年もよろしくお願いいたします!!
CATEGORY : Note
DATE : 2007/01/01 (Mon)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
01
2
3
4
5
7
8
9
10
11
13
14
15
18
20
22
23
24
25
26
28
29
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

12 | 2007/01 | 02
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。