This Category : Movie

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ミケランジェロの暗号

2011.09.14 *Wed
Mein Bester Feind
ヴォルフガング・ムルンベルガー 監督
2010年 オーストリア 106min

CINECITTA' CINE10
191s SRD-EX/SRD/DTS


裕福な画商の息子であるユダヤ人ヴィクトル(モーリッツ・ブライブトロイ)と使用人の息子であるアーリア系のルディ(ゲオルク・フリードリヒ)はお互いの立場を超えて親友同士であった。しかしナチス台頭の時勢はルディにヴィクトルを裏切らせてしまう。ルディはヴィクトルの一家が代々所有するミケランジェロの素描の存在を告発し軍に略奪させ、ヴィクトルたちは収容所へと送られてしまった。時がたちナチスはムッソリーニとの同盟のために絵を利用しようとするも、寸前で模写であることが判明する。直ちに本物を探すため、ヴィクトルは拷問にかけられようとしていた。


「面白かった」て評判だけで観ることを決め、知らない人のほんとに1つぶやきだけで決めたのでどんな話かもわからずに映画館へ行ったんでした。
劇場でナチらへん(らへんて)が舞台ということを知り、しまった覚悟も知識もないよとひやひやしたんですが、エンタメ度十分で肩こらず楽しめました。


以下ネタバレです
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

コクリコ坂から

2011.09.04 *Sun
コクリコ坂から
宮崎吾朗 監督
2011年 日本 95min

TOHOシネマズ川崎 スクリーン8
112s SRD/DTS/SRD-EX


1963年、横浜。東京オリンピックを目前に控え活気付く世間は古いものを壊し新しいものを作り上げる風潮にあった。下宿屋“コクリコ荘”を営む松崎家の長女である高校生の海は家事のほぼすべてを引き受け毎日忙しく暮らしていた。海と妹の空が通う高校ではクラブハウス“カルチェラタン”の取り壊しを巡り賛成派と反対派が毎日のようにデモンストレーションを行っていた。海は反対派の中心である風間と出会う。


トイレに行っていたら鷹の爪マナームービー見逃したよ… orz


さて、いまいちとか期待しないで行ったら面白かったとか聞くのでそんな心構えで観に行きました。
うーん、ごもっとも。
だけどこの空気というかノスタルジーは好きでした。じんわり。


以下ネタバレ。
CATEGORY : 邦画
THEME : スタジオジブリ / GENRE : 映画
DATE : 2011/09/04 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ツリー・オブ・ライフ

2011.08.16 *Tue
The Tree of Life
テレンス・マリック 監督
2011年 アメリカ 138min

109シネマズMM横浜 シアター2
188s SRD/DTS/SRD-EX


1950年代、テキサスにごく普通の一家が暮らしていた。やんちゃに駆け回る3人の兄弟(ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダン)、優しい母(ジェシカ・チャスティン)、そして厳格な父(ブラッド・ピット)――。一家はお互いに愛し合い、時には憎しみを覚えながら家族としての時を過ごす。早すぎた次男の死をも越えて長い時が経った現在、成人した長男ジャック(ショーン・ペン)は幼かった日々を思い起こす。


描きたかったものはものすごく大きいんだろうな。きっと。
成功してるかしてないかは私にはわかりません。


ネタバレ?この映画にネタバレってあるの?どうでしょう?とにかく以下隠しまっす
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

秘密結社鷹の爪 THE MOVIEⅡ ~私を愛した黒烏龍茶~

2011.07.18 *Mon
秘密結社鷹の爪 THE MOVIEⅡ ~私を愛した黒烏龍茶~
FROGMAN 監督
2008年 日本 98min

シリーズ前作:秘密結社鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~

デラックスファイターのブログに強盗と裏取引をした、という記事がアップされデラックスカンパニーの株価が暴落。株のほとんどが謎の人物Mr.Aに買い占められてしまう。同様に国内の大企業が続々とMr.Aの支配下に。同時期、打倒デラックスファイターのためサイバー空間に潜入していた鷹の爪団は裏工作をするMr.Aと遭遇するが美津子という女に助けられる。サイバー犯罪特捜同好会に所属しているという彼女からMr.Aが日本そのものを売却しようと企んでいることを聞かされる。


前作よりサブタイトルとのからみがひどいw

こういうのはちょこちょこ観るのがいいんでしょうがどうも一気観してしまいます…
Ⅲはもうちょっと空けよう。


まずはコフィーちゃんの「12人と怒れる古墳たち」。
今まで観た中でいちばんコフィーちゃんがひどい!!
シュールな笑いは安定感ばっちりでしたが、彼女の鬼畜さに始終おののきました。おそろしい古墳…

続いて鷹の爪のほうもやっぱりくだらなくて面白かったです。
デラックスファイターもとことんだめな感じでした。
リラックスタイムにはだまされました。

ケイト・ウィンスレットのスケール感は今回のみならずかんなりしつこく主張されてますが、大丈夫でしょうか怒られないんですかねあれ。
そしてたまにまじめなこと言うから困る。


お金はきっとドジッ子総統がどこかに落とすんだろうなと思って観てたので、あまりのかっこよさにぐっときました。
なにこのひといつもなさけないくせに!
CATEGORY : 邦画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2011/07/18 (Mon)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

2011.05.25 *Wed
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇
本田隆一 監督
2010年 日本 121min

CINECITTA' CINE10
191s SRD-EX/SRD/DTS


大木信義(竹之内豊)と咲(水川あさみ)は先日結婚したばかりにも関わらず既に絶賛倦怠期中。咲がスーパーで怪しい男(柄本明)を見かけたのをきっかけに、2人は謎の女たち(樹木希林、片桐はいり)に地獄旅行を勧められる。なんとなく出かけてみることにしたが女たちが指し示したのは汚いバスタブ。これが地獄の入り口だというのだ。


樹木希林と片桐はいりの存在感ぱないな。
登場時間としては短いのに、確実に観る者の網膜に焼き付いている。

随所でくすくす笑ったし、鑑賞後の気分もなかなかいいのだけど、なぜだか猛烈に退屈を感じてしまっていました。
なんでだろう。テンポ悪くなかったとは思うんだけど私のそれとは合わなかったんだろうか。
考えられるひとつの理由は小ネタらしい小ネタがなかったことかなあ。
このタイプのコメディだと三木聡作品や堤幸彦作品のように畳み掛けるような、こっちにエネルギー使いすぎて本筋おろそかになってませんかぐらいの小ネタを勝手に期待してしまっているんだろうな。
よくない脳だな。


今回一番の収穫は竹之内豊鑑賞でした。
もともとかっこいいな~とは思っていましたがコメディ初挑戦ということで新たな一面が惜しげもなく披露されています。
なんだかいちいちかわいいよ。
基本的に優しいんだけど、チラ見せするかっくいい優しさとか少年と戯れているところとかニヤニヤ観ていました。
こんな人どこかに落ちてないかな。
CATEGORY : 邦画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2011/05/25 (Wed)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。